autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、人とくるまのテクノロジー展2009に出展

自動車ニュース 2009/5/15 17:08

三菱、人とくるまのテクノロジー展2009に出展

関連: 三菱
i DSSS

三菱は、5月20日からパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2009」において、ITSの実験車「i DSSS」や、植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」、新世代電気自動車「i MiEV」、ディーゼルエンジンなど、同社の最新の環境・安全技術を、実車・部品・パネル展示や映像等によって紹介する。

■三菱自動車ブース出展内容

●実験車「i DSSS」

三菱は、政府が進めるITSプロジェクト(DSSS、スマートウェイ、ASV)に対応して3台の実験用車両を開発し、官民合同組織「ITS推進協議会」が各地で実施する大規模実証実験「ITS-Safety2010」に参加した。

実験車「i DSSS」は、路車間通信により危険性を判断し、必要に応じてドライバーへ注意喚起を行う、警察庁が推進する安全運転支援システム「DSSSレベルII」に対応している。音声およびダッシュボード上のインジケーター(提供情報の方向を表示)にて安全運転支援情報を提供することにより、カーナビゲーション非装着車にも搭載可能とするとともに、直感的に認知できることによるドライバーディストラクション(運転行動以外への注意散漫)の低減を図ったことが特長である。

今回は、実車を展示するとともに、映像やパネルを用いて「i DSSS」の機能を紹介する。

●グリーンプラスチック

三菱は、地球温暖化や石油資源枯渇への対策を目的に、自動車の内装部品等に広く使用されている石油由来樹脂の代替策として、同社独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」の開発を推進しており、既に「PLA繊維フロアマット」や「PTT繊維フロアマット」、「i MiEV」実証走行試験車に採用した「竹繊維PBS内装部品」として実用化している。

今回は、原料に木材を用いた樹脂材料や、竹やPLA(ポリ乳酸)等の植物由来材料を用いた内装部品など、実用化に向けて開発中の各技術について、試作品やパネルを用いて紹介する。

●その他

今夏から市場投入予定の新世代電気自動車「i MiEV」のモーターや、現行の新長期規制(平成17年排出ガス規制、乗用車)に適合したディーゼルエンジン(昨年10月から『パジェロ』に搭載)、開発中のクリーンディーゼルエンジンを展示する。

・「i MiEV」モーター

・3.2Lコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D) 【カットモデルを展示】

・1.8Lクリーンディーゼルエンジン 【カットモデルを展示】

■自動車技術会 特別企画展示 協力内容

三菱自動車ブース以外では、自動車技術会の特別企画展示「最新くるまのエコ教室」の展示・運営に協力する。 実技走行形式の講習を通じて、エコドライブの有効性や方法について学ぶエコドライブ講習会にギャランフォルティススポーツバックを提供するほか、財団法人省エネルギーセンター公認インストラクターの資格を持つ社員を講師として派遣する。

また、同会場に隣接のエコカー展示コーナーに「i MiEV」の実車を出展する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21