autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、3輪バイクの第2弾トリシティ 155 ABSを発売

自動車ニュース 2016/11/24 15:07

ヤマハ、3輪バイクの第2弾トリシティ 155 ABSを発売

ヤマハ トリシティ 155 ABS
ヤマハ トリシティ 155 ABS

ヤマハは、“BLUE CORE”水冷エンジンを搭載したフロント二輪のLMW(Leaning Multi Wheel)モデルであるTRICITY(トリシティ)155 ABSを、2017年1月20日より発売する。

LMW(Leaning Multi Wheel)とは、モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称で、今回の新型モデルが第2弾となる。

トリシティ 155 ABSは、“もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たす New Standard City Commuter”をコンセプトに開発された。

エンジンは、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点を照準に開発した“BLUE CORE”エンジンを搭載。特に低中速側と高速側で吸気バルブの作動を切り変えるVVAは、ポート&燃焼室、最適FIセッティングとの相 乗効果で優れたトルク特性と燃費に貢献している。

さらにオールアルミ製シリンダーの採用、高い冷却性と軽量化を実現した。

ラジエターは水温に応じた冷却水循環を行うバイパス式サーモスタット方式とし、暖機時間も短く燃費性を向上させた。

また、オフセットシリンダー、ローラーロッカーアーム、小型ACMの採用など、随所にロス低減を図った。

ヤマハ トリシティ 155 ABS
ヤマハ トリシティ 155 ABSヤマハ トリシティ 155 ABS

トリシティの特長であるLMW(Leaning Multi Wheel)機構は、旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーン(傾斜)するヤマハ独自の軽快でスポーティなハンドリングと安定感を備え、新しい楽しさを実現した。

「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」から成り、リーンさせる機能と左右サスペンション機能を独立させ、深いバンク角と大きなハンドル切れ角をもたらす。

フロントの左右独立のサスペンションは、荒れた路面などでの高いギャップ吸収性があり優れた乗り心地に貢献。

車体の前後重量配分はモトGPで培った技術を反映した50:50としたほか、燃料タンクを車両重心近くに配置することで自然なハンドリングとした。

新開発のフレームは、BLUE COREエンジンと最適なマッチングを図った。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保し、足元スペースも広くなっている。

加えて、構造とパターンを新開発した前後タイヤは、リアに130mmのワイドタイヤを採用、ツインチューブ式のリアショックアブソーバーと相まって、良好な乗り心地に貢献する。

エクステリアでは、LEDヘッドランプを採用した。ロービーム3灯、ハイビーム2灯の構成で、LEDポジションランプと調和するフロントマスクデザインによって高級感を印象づける。

フロントには12V・DC電源付き小物入れを設け利便性を確保。シート下トランクは約23.5LでLED照明を装備している。

さらに、オン/オフの状態が分り易いトグルレバー式のパーキングブレーキを採用、停止時の利便性に配慮した。また、このパーキングブレーキはリアブレーキとは別系統の専用ドラムブレーキになっている。

価格(消費税込)は、45万3600円となる。生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行う。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!