autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミニ、正規ディーラーにて無料の省エネルギー・ドライブレッスンを実施

自動車ニュース 2009/5/8 11:59

ミニ、正規ディーラーにて無料の省エネルギー・ドライブレッスンを実施

関連: ミニ

ミニ、正規ディーラーにて無料の省エネルギー・ドライブレッスンを実施

BMWは、5月9日から5月31日の期間、全国のMINI正規ディーラーで、来場者に最新のMINIモデルに試乗しながら、無料で省エネルギー・ドライブに関するレッスンを行なう「MINIMALISM試乗キャンペーン」を実施する。

ゴーカートフィーリングと称されるワクワクするようなMINIの運転の愉しさを、より少ないエネルギーで愉しむためのポイントをレクチャーするこのキャンペーンは、動力性能や俊敏な走りを高めつつも、燃費の向上と排出量の低減をさらに高いレベルで実現させ、将来に亘ってMINIのエキサイトメントなブランド価値を提供し続けるための新しいコンセプト、MINIMALISM(ミニマリズム)を広く訴求するために行なうもの。このレッスンは、MINIの製品に精通したMINI正規ディーラーのセールス・コンサルタントによって行なわれ、開催期間中に試乗された方へMINI箸(平日の試乗の場合はMINIスーパーボール)がプレゼントとして用意される。

MINIには、燃費向上と排出ガスの低減をより高いレベルで実現しながら動力性能(馬力やトルク)の向上と俊敏な走りを実現する、高度なテクノロジーが採用される。BMWグループによって開発され、実用化された可変バルブタイミングの機構を採用したMINI CooperのエンジンやMINI Cooper Sに採用されるツインスクロール・ターボチャージャーは出力やトルクだけでなく、効率性の改善に大きく寄与。また、アルミニウムを採用したシャシー、サスペンション、エンジンによって大幅な軽量化実現し、燃費の改善に貢献する。2009年4月に発表され、最新のエンジンを搭載するMINI Convertibleは、2004年に発表された先代モデルとの10.15モード比較で約40%の燃費効率の向上を実現し、MINI Cooper Convertibleのマニュアル・トランスミッション車の場合、1Lあたり18.6kmもの走行が可能である。

MINIMALISM(ミニマリズム)について

MINIは、ゴーカートフィーリングと称される走行性能、エキサイトメントなブランド価値、50年間に亘ってセレブリティーやオピニオン・リーダーに愛され続けてきたデザインのコンセプトを長く将来に亘って提供するために、BMWグループのEfficientDynamicsに基づくコンセプト、「MINIMALISM」によって燃費の向上と排出量の低減をさらに高いレベルで実現させ、同時に動力性能(馬力やトルク)の向上と俊敏な走りを提供。

MINIMALISMとは、広義では1960年代にアメリカに登場し、主流を占めたアートやファッションの傾向のことで、無駄な要素を全て省き、最小限にすることで、美を表現するアート手法のことを指しますが、少ないエネルギーでより高い走行性能を実現させるためのMINIの新しいコンセプトとして、今後継続的にコミュニケーションをしていくとしている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ の関連記事

ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20