autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース デミオ改良で「G-ベクタリング コントロール」などマツダの最新技術を投入

自動車ニュース 2016/10/14 13:45

デミオ改良で「G-ベクタリング コントロール」などマツダの最新技術を投入

乗り心地改善やインテリアの質感向上

マツダ デミオ
マツダ デミオ

マツダは、デミオを改良し、11月17日より販売する。

デミオは、今回の商品改良で、「G-ベクタリング コントロール」や、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」など、「人間中心の開発哲学」の考えを基に開発されたマツダの最新技術を取り入れた。

デザインでは、インテリアの意匠を大幅に変更し、「色」の使い方と仕立ての良さにこだわった。

価格(消費税込)は、135万円から222万4800円となる。

やわらかな雰囲気の特別仕様車「テーラード・ブラウン」

デミオ XD テーラード・ブラウン
デミオ XD テーラード・ブラウンデミオ XD テーラード・ブラウン

また、特別仕様車「テーラード・ブラウン」を設定し、10月14日より予約を開始する。

「テーラード・ブラウン」は、「XD Touring」、「13S Touring」のAT車をベースとした特別仕様車。

ライトブラウン&ブラックを基本として各所にオレンジのアクセントを加えたインテリアコーディネーションと、キルティング加工を施したグランリュクス(スエード調人工皮革)素材のシートを組み合わせて、やわらかく上質なアート空間とした。

エクステリアでは、高輝度ダーク塗装を施したアルミホイールを採用し、精悍なスタイルとした。

価格(消費税込)は、XD Touring テーラード・ブラウンが199万8000円(2WD)/220万3200円(4WD)、13S Touring テーラード・ブラウンが171万7200円(2WD)/192万2400円(4WD)となる。

人馬一体感をより上質に深化

マツダ デミオ

「G-ベクタリング コントロール」を全車に標準装備

・ハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させ、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術。様々な走行シーンで制御効果を付加し、ドライバーへ運転の安心感を提供する。また、乗員にかかる加速度の変化をより滑らかにつなぐことで、体の揺れが減り、乗り心地も改善。

・電動パワーステアリングの特性を見直し、リニアなコントロール性を実現。

・フロントとリアのダンパーやブッシュなど、足回りの部品の特性を見直し、よりスムーズな挙動と落ち着きのある上質な乗り心地に改善。

静粛性の向上と、心地よいエンジンサウンドの追求

ディーゼルエンジンの不快な音がする周波数帯に着目し、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御することで、ノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を「SKYACTIV-D 1.5」搭載車に標準装備。

より質感高く、使いやすく進化した装備

マツダ デミオ

「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」とメーターの視認性向上

・「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の表示画面について、上部に走行環境情報を、下部に車両情報を集約・区分。加えて、フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化を実現し、視認性を大幅に向上。(「13S Touring」「13S Touring L Package」「XD Touring」「XD Touring L Package」に標準装備)

・メーター表示の字体を見直し、高コントラスト化することにより、読みやすさと質感を向上。

理想的なドライビングポジションの追求

・ドライバーの意図を正確に車両に伝え、路面やタイヤの状況などを正確にドライバーへ伝えるために、全周で一貫した握り心地を提供する新型ステアリングホイールを採用。

安心・安全とドライブの楽しさを両立するために、先進安全技術を充実

危険認知支援技術

・ハイビームでの走行を基本としながら、対向車や前方車両に配慮した配光や、速度域に応じた最適な配光など細やかな照射でドライバーをサポートし、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新設定。同技術を含むメーカーセットオプション「セーフティパッケージ」を「13C」「13S」のオーディオレス車、「XD」のオーディオレス車、「15MB」以外の機種に設定。

運転支援・衝突回避支援・被害軽減技術

・中高速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)、約30~100km/hの範囲で自動追従走行を可能にするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、後退時の衝突被害軽減をサポートする機能(SCBS R)等を新設定し、同技術を含むメーカーセットオプション「セーフティクルーズパッケージ」として「13S Touring」「13S Touring L Package」「XD Touring」「XD Touring L Package」に設定。

質感を磨くことにこだわったデザイン

マツダ デミオ(マシーングレープレミアムメタリック)
マツダ デミオ(エターナルブルーマイカ)
マツダ デミオ(ディープクリムゾンマイカ)マツダ デミオ(ソニックシルバーメタリック)

深みと上質感を持ったエクステリアデザイン

「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立することで、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」、味わい深い色味でエレガントさと上質さを際だたせた新色「ディープクリムゾンマイカ」の他、「エターナルブルーマイカ」「ソニックシルバーメタリック」を新設定。(全11色)

フロントグリルガーニッシュを「13S Touring」「13S Touring L Package」はピアノブラック塗装、「XD」「XD Touring」「XD Touring L Package」はグレーメタリック塗装に変更。

クロームメッキベゼル加飾を施した、LEDフロントフォグランプを「XD Touring」「XD Touring L Package」に標準装備。他の機種ではショップオプションで選択可能。

マツダ デミオ
マツダ デミオマツダ デミオ

色の使い方と仕立てのよさにこだわった上質で洗練されたインテリア

・「13S Touring L Package」「XD Touring L Package」の白革内装をオフホワイトからピュアホワイトに変更と共にコーディネートを一新。各所に赤と、サテンクロームとピアノブラックを組み合わせた加飾を施した。

・「13S Touring L Package」「XD Touring L Package」に黒革内装を新設定。精悍なブラックに深みのあるディープレッドのアクセントを加え、シート座面に手触りのよいグランリュクス(スエード調人工皮革)素材を採用。

・「13S Touring」「XD Touring」は、モノトーンでフォーマルさとスポーティさをクールに表現した黒布内装を採用。

・「13S」「XD」はインテリア全体をブラックで統一し、インパネ、コンソール、ドアには千鳥格子パターンのグロスブラックのデコレーションパネルを採用し、室内に深みをもたせるとともに、遊び心を表現。

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24