autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、「GLC 」にプラグインハイブリッドとAMGモデルを追加

自動車ニュース 2016/9/9 14:15

メルセデス・ベンツ、「GLC 」にプラグインハイブリッドとAMGモデルを追加

メルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC スポーツ
メルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC スポーツメルセデス・ベンツ GLC 350 e 4MATIC スポーツ

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツ「GLC」のラインアップに「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」および「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」を追加し、9月9日より発売する。価格(消費税込)は、「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」ともに863万円となる。

「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」のパワートレインには、「GLC 250 4MATIC」に搭載される最高出力211PS(155kW)、最大トルク350Nmの2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンに、最高出力116PS(85kW)、最大トルク340Nmを発生しブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせた。

システム全体で320PS(235kW)/560Nmを発生し、ガソリンエンジンと高出力電気モーターを状況に応じて使い分けることで、ガソリンエンジンモデル、EV、ハイブリッドの特長を生かしたハイパフォーマンスを発揮するプラグインハイブリッドで、最新世代エンジンと高出力モーターによる途切れのない加速感が味わえる。

また、市街地から高速道路まで幅広く電気モーターのみで走行が可能で、航続距離は30.1kmとなる。なお、走行中にも回生ブレーキなどによりバッテリーの充電を行うため、充電設備が無い場合でも電気モーターのみで走行することができる。

このシステムは、走行環境やバッテリーの残量に合わせてエンジンと電気モーターを併用する「HYBRID」、電気モーターのみで30.1kmの走行ができる「E-MODE」、その時点でのバッテリーの充電レベルを維持する「E-SAVE」、走行しながらバッテリーを充電する「CHARGE」の4つのモードを備えている。

JC08モード燃費は、13.9km/L。リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで「CHARGE」モードで1時間以内、AC200V電源使用で約4時間となる。大容量のリチウムイオンバッテリー(8.31kWh)を搭載していながらゴルフバッグ3セットを積載可能なラゲッジルーム容量を確保しており、プラグインハイブリッドモデルであるにも関わらず、十分なユーティリティ性を確保している。

「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」特別装備として、Mercedes-Benzロゴ付ブルーブレーキキャリパーおよび「PLUG IN HYBRID」デザインのサイドバッジが装着される。

本革シートやパノラミックスライディングルーフに加え、AIRMATICサスペンション、ランニングボード、20インチホイールを装備し、GLCのラインアップでは最上級の標準装備となっている。また、GLCラインアップでは唯一の左ハンドル設定となる。

「GLC 350 e 4MATIC スポーツ」は、エコカー減税において自動車重量税、自動車取得税が100%免税となり、さらにクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金を最大9万5000円受けることができる。

メルセデスAMG GLC 43 4MATIC

メルセデス AMG GLC 43 4MATIC
メルセデス AMG GLC 43 4MATICメルセデス AMG GLC 43 4MATIC

「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」の心臓部には、Mercedes-AMGが専用に開発した高出力のV6エンジンが搭載される。最大圧力200barのピエゾインジェクターによるスプレーガイド式燃焼システムによって、常に最適な燃焼状況を作り出す。さらに、クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とし、軽量化も実現。これらMercedes-AMGの最新テクノロジーによって、最高出力270kW/367PS、最大トルク520N・mを発揮し、0-100km加速はセグメントで高水準の4.9秒となる。

高性能エンジンのパワーを四輪に最適に配分するMercedes-AMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載。駆動力の変動によるステア特性の変化が少ないため、直線でもコーナーでもドライバーの意志とひとつになって正確に路面をトレースする安定した挙動を実現する。31:69とリア寄りのトルク配分により、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供する。

足回りには、Mercedes-AMGが開発した「AMGスポーツサスペンション」を採用した。AMGダイナミックセレクトスイッチまたは専用ボタンにより「Comfort」、「Sport」、「Sport+」の3つのモードから電子制御ダンピングシステムの減衰特性を選択することができる。ダイナミックなスポーツ走行から快適な長距離ドライブまで高いアジリティ性能と快適性を両立する。

フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスク、リアに320mmのベンチレーテッドディスクを採用し、ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮する。

快適なクルージングからダイナミックなスポーツ走行まで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティングが可能。トランスミッションのシフトプログラムに加え、エンジン特性、サスペンションの減衰特性、ステアリング特性、ECOスタートストップ機能が連動して変化する。

軽量かつ低背圧タイプの「AMGスポーツエグゾーストシステム」を装備。モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを発生する。特にS+(Sport Plus)モードでは官能的なV6サウンドを楽しむことができる。

「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」は、Mercedes-AMGが専用開発した高出力V6エンジンと、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を備えたモデルで、高レベルの走行性能を実現するAMGテクノロジー、モータースポーツを想起させるエモーショナルなAMGサウンド、そして都市に映えるスポーティでスタイリッシュなデザインの3つが大きな特長。

エクステリアには、サイドミラーやフロント&サイドスカートなど随所に艶のあるブラックのアクセントを配した「ナイトパッケージ」を装備するとともに、足元にはツインカラーの21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを設定し、スポーティかつスタイリッシュな個性を強調している。

メルセデス・ベンツ GLC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ GLC の関連記事

メルセデス・ベンツ GLCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ GLC の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ GLC の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円