autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【SUPER GT】第2戦:GT-Rの6連勝はならず

自動車ニュース 2009/4/20 11:51

【SUPER GT】第2戦:GT-Rの6連勝はならず

【SUPER GT】第2戦:GT-Rの6連勝はならず

2009 AUTOBACS SUPER GT第2戦「KEIHIN SUZUKA 2&4RACE」の決勝レースが、4月19日、鈴鹿サーキット(三重県)で行われた。GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/リチャード・ライアン)が優勝。GT300クラスはNo.33 HANKOOK PORSCHE(木下みつひろ/影山正美)が優勝を果たした。

【GT500】

優勝したNo.38 ZENT CERUMO SC430は、リチャード・ライアンがスタートを担当。序盤はポールスタートのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(本山哲)に迫る速さだったが、タイヤの状態やピット作業に手間取り徐々に順位を落とす。しかし、30周目から徐々にペースアップしていく。

この間、トップをいくNo.1 ブノワ・トレルイエは独走態勢を築いていたが、残り、7、8周を切ったあたりからタイヤにトラブルが発生し後退。さらに接触も起こす。

その直後、5番手を走っていたNo.100 RAYBRIG NSX(細川慎弥)とNo.3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R(安田裕信)が接触。これに後続のNo.8 ARTA NSX(伊沢拓也)が巻き込まれるという多重クラッシュが発生。セーフティカーが出動し、隊列を組んでの周回となり、そのままフィニッシュを迎えた。

優勝した立川祐路は、これでSUPER GT/JGTC通算11勝目。本山哲と並んでいた最多勝記録を、単独で伸ばした。また、昨年以来続いていたGT-Rの連勝記録は5でストップした。

2位はNo.36 PETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー)で、SC430勢が1-2フィニッシュ。3位にはNo.12 IMPULカルソニックGT-R(松田次生/セバスチャン・フィリップ)が入った。

No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは4番手でフィニッシュしたが、No.38 立川にかわされる際の接触により27秒加算のペナルティ。11位となった。

【GT300】

ポールスタートのNo.33 HANKOOK PORSCHEが序盤から独走。スタートドライバーの影山正美は10周足らずで5秒以上のマージンを築く。その後も、直線スピードの速さを利してその差を広げていき、20周を過ぎるころにはほぼセーフティマージンを稼ぎ出していた。

終盤、GT500クラスでは多重クラッシュが発生するなど波乱があったが、GT300クラスの上位に順位の変動はなくフィニッシュ。No.33 HANKOOK PORSCHE(木下みつひろ/影山正美)が優勝を遂げた。 同チームの優勝は初。ハンコックタイヤの優勝も初。木下にとっては05年開幕戦岡山以来、通算3勝目。影山はGT500クラスも含めた通算で10勝目。GT300クラスでは3勝目となる。

2位はNo.7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7(谷口信輝/折目遼)。3番手グリッドからスタート、谷口がドライブした前半は、直線の速いNo.81 ダイシンアドバンFerrari(藤井誠暢)に徐々に引き離される苦しい展開となったが、タイヤ無交換という思いきった作戦でピット作業時間を短縮。対するNo.81はピット作業に1分以上の時間を要すなど、大きくポジションを落とした。

3位はNo.46 エスロードMOLA Z(星野一樹>柳田真孝)。5番手グリッドからスタート、前方にいたNo.2 プリヴェ アップル紫電(吉本大樹>加藤寛規)がピットスタートとなる幸運も味方し、今季初の表彰台を得た。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!