autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ベントレー、バイオ燃料対応モデル・コンチネンタル スーパースポーツ

自動車ニュース 2009/4/15 14:00

ベントレー、バイオ燃料対応モデル・コンチネンタル スーパースポーツ

ベントレー、バイオ燃料対応モデル・コンチネンタル スーパースポーツ

ベントレーは、コンチネンタル スーパースポーツのプレス資料を発表した。ジュネーブモーターショーで発表された、バイオ燃料対応モデルである。

スーパーカーの性能と高度なドライビングエクスペリエンスを実現させる力強い2シーター、コンチネンタル スーパースポーツは、ラグジュアリーセクターの中で他に先駆けてフレックス燃料技術を実用化した。これは、2012年までに全モデルを再生可能燃料に適合させるという、先に表明した環境問題に関するコミットメントの第1段階である。

全世界的に2009年秋よりコンチネンタル スーパースポーツ フレックス燃料対応車が主な市場に導入予定される。

630PSのエンジンとシフトタイムを半減させる新しい「クイックシフト」トランスミッションの両方で、時速0-100km加速、3.9秒、最高速度は329km/hという、ベントレーのベンチマークを実現した。

スーパースポーツの新しい造形的なフォームは、その内側に秘められたエンジニアリングの進化を投影している。より多くのエアフローを必要とする高出力、高トルク化されたW12エンジンのための、大きな垂直式インテーク開口部やツインボンネットベントといった、意図的かつドラマチックなスタイルが採用され、50mm幅が増したリアトレッドに対応するために大きく張り出したリアフェンダーは、この超高性能クーペの力強い構えを強調するために新たにデザインされた。その結果、アイコニックなコンチネンタル GTの外観と、より強烈な個性を示す新しく独特な外観を兼ね備えたスーパースポーツのスタイルになったのである。

コクピットのデザインはまさにベントレーのインテリア・デザイナーが、スーパースポーツの究極の精神をドラマチックに再解釈した結果である。カーボン・ファイバーのクラムシェル型リアパネルを備えた全く新しいライトウェイトスポーツシートを特徴とする完全な2シーターと、Bentleyのクラフツマンの手による最高級のレザーとブライトウェア、伝統のウッドパネルに代わったカーボン・ファイバー製のパネルは、彼らの高い技量を見せる完全なショーケースといえる。

コンチネンタル スーパースポーツは、ガソリンからE85(85%バイオエタノール混合)のバイオ燃料までの、ガソリンとエタノールのあらゆる混合割合の燃料で走行可能。E85バイオ燃料を使用した場合、「well-to-wheel(採掘から走行まで)」ベースで、二酸化炭素排出量を70%まで削減可能である。 燃料供給システムは、タンク内の燃料の混合比を検知し、ガソリンとバイオ燃料の混合割合にかかわらず、出力とトルクを一定に保ち、間断ないパワーを実現する。

“スーパースポーツ”は、1925年に発売された3L Speedオリジナルの2シーターモデル、3L スーパースポーツに由来する名前である。軽量で85bhpのスーパースポーツは、時速100マイルに到達した初めての量産型ベントレーであり、ル・マン優勝のテクノロジーが応用されていたことでも知られていました。

■車両本体価格

ベントレー コンチネンタル スーパースポーツ 31,300,000円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー の関連記事

ベントレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー の関連記事をもっと見る

ベントレー の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20