autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 環境対応車購入に補助金

自動車ニュース 2009/4/9 11:03

環境対応車購入に補助金

環境対応車購入に補助金

政府・与党が検討する新経済対策の原案が7日、明らかになった。環境対応車の普及に向けた補助金制度など、広い分野にわたり環境関連産業の市場拡大を促して内需創出を図る内容が盛り込まれている。

対策の1つである自動車買い替えの促進策。新車登録から13年以上経過した車を廃車にして、10年度燃費基準を満たした車を購入する場合、普通車で25万円、軽自動車で12.5万円の補助を想定。この燃費基準について、最近の新車はほとんど達成しており、4月からの省エネ自動車に対する税の減免措置より対象が大きく広がる。

 登録13年未満の車の買い替えや新規に車を買う場合も、省エネ自動車を買えば普通車で10万円、軽自動車で5万円を助成する方針。10年度燃費基準より15%以上燃費が優れる車が対象となる。この条件は、新車の4割程度が該当する。

また、トラックなど商用車についても同様に、20万円から180万円が補助される。

さらに、4月から始まった自動車重量税などの減免制度と合わせれば、200万円のハイブリッド車への買い替えの場合なら、購入者の負担は約40万円程度減ることになる。

なお、09年度限定の措置で、自動車で3,700億円程度を09年度補正予算案に計上する方向で検討中である。

ちなみに、この対策には、省エネ家電の普及支援策や生産振興や農山漁村の活性化、雇用に関する職業訓練や生活支援、子どもと家族応援手当なども対象とされる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!