autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F3、フォーミュラチャレンジ・ジャパン】日産が優勝

自動車ニュース 2009/4/6 17:23

【F3、フォーミュラチャレンジ・ジャパン】日産が優勝

関連: 日産

【F3、フォーミュラチャレンジ・ジャパン】日産が優勝

全日本フォーミュラ3選手権(F3)およびフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)の第1・2戦が、4月4-5日、富士スピードウェイ(静岡県)にて開催された。

今シーズン、ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)から各選手権に参戦するのは、千代勝正(カーナンバー22)、佐藤公哉(#23)(以上2名がF3「ナショナルクラス」参戦)、佐々木大樹(#4)、松本武士(#12)、鈴木彰悟(#14)、服部竜也(#15)(以上4名がFCJ参戦)の6名。F3では、千代と佐藤が第1戦、第2戦でそれぞれクラス3位に入り表彰台を獲得。FCJでは佐々木大樹が第1戦で初優勝を飾った。

■全日本F3選手権

土曜日に行われた第1戦決勝は、雨まじりの空模様でスタート。予選クラス5位(総合12位)の佐藤は好スタートを切り、序盤は2位までポジションを上げたが、雨脚が強くなるにつれて徐々にペースが落ち始め、最終的には4位(同11位)でチェッカーを受けた。クラス7位(同14位)からスタートの千代は、終盤までにじわじわと4位まで順位を上げていった。13周目に上位陣で接触アクシデントからコースアウトするマシンがあり、千代は3位に浮上してチェッカー。F3デビューレースでクラス3位に入り表彰台を獲得した。

第2戦決勝は、クラス5位(総合12位)からスタートした佐藤が、チームメイトの千代とのバトルを制し3位表彰台を獲得。6位(同13位)からスタートした千代は、一時ポジションアップしたもののその後また6位まで後退し、そのままフィニッシュした。

■フォーミュラチャレンジ・ジャパン

15周で争われた第1戦決勝は、予選2位の佐々木がスタートからトップをじわじわと追い詰めていく展開となった。最終コーナーからサイド・バイ・サイドの争いを続け、途中いったんは後ろに引いたが、相手の隙を突いてダンロップコーナーでかわしトップに。その後はペース良く相手を突き放す走りで、開幕戦を初優勝で飾った。予選7位の松本は1つポジションアップの6位入賞。予選11位の服部も10位にポジションアップしてレースを終えた。予選16位の鈴木は1周目で他車に追突されるアクシデントに会い、マシンにダメージを負いながらも16位で完走を果たした。

第2戦決勝は、予選1位の佐々木がスタート後の加速が鈍り、2位に後退し、前日と同じようにトップを追いかける展開となった。前日と同じダンロップコーナーでイン側から抜きにかかったがスピンを喫し、4位にでチェッカーを受けた。予選15位の鈴木は11位にポジションアップしてフィニッシュ。予選8位の松本、11位の服部は、それぞれ8位、16位で完走した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19