autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、“8気筒エンジン専用”の新工場を開設 ~1日約200基を生産~

自動車ニュース 2016/7/14 15:33

ポルシェ、“8気筒エンジン専用”の新工場を開設 ~1日約200基を生産~

関連: ポルシェ

電気自動車の製造に必要な基盤も新設

ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場
ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場

ポルシェAGは、革新的な8気筒エンジンを生産するための工場を新たに竣工した。ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する工場は最先端の生産方式によって管理され、フル稼働時には400名の従業員が1日当たり約200基のV型8気筒エンジンを生産する。ポルシェはこの新しい生産施設に約8,000万ユーロの投資を行った。

ポルシェの新しいエンジン工場は、フォルクスワーゲン(VW)グループ内の相乗効果にも寄与する。今後VWグループ全てのV型8気筒エンジンは、シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンにて製造される予定だ。

製造とオートメーションの柔軟な連携

ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場
ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場ポルシェ 新型「パナメーラ」

新しいエンジン工場の核となるのは、製造とオートメーションが調和して効率的に連結される柔軟な生産システムである。まずこのシステムは、新型「パナメーラ」に搭載される革新的なV型8気筒エンジンの、非常に精度の高い工程を含む組み立てに導入される。そのため、十分な訓練を受けて高い技能を持つ従業員が、多くの責任を担っている。

人間工学的な代表例となるアッセンブリーステーションは、各従業員が個別に調節することができる。従業員は、単調さを避けるために様々な種類の作業に携わり、組み立て工程全体について段階的に訓練を受けている。

ポルシェは従業員による設定が可能な産業用運搬車両を導入。リチウム-チタンバッテリーを積んだ電動運搬装置は、工場の2つのフロアをまたいで設置された1万6千個の磁石によるグリッドネットワークによって導かれ、動き回る。柔軟な対応力を持つことによって、今後の製品変更や新方式に対して、生産工程を容易に適応させることができる。

ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場

電子制御ツールも柔軟性に優れたシステムを採用することで、電子生産ネットワークを介してトルクやスピードのプリセットをいつでも変更することが可能だ。つまり電子制御ツールは、特定の使用場所に限定されることなく、新しい仕事場に取り付けるだけで、原則的に組立工程で広く使用できる。

さらに、人間工学的に最適化された工具によって、使いやすさが向上し、作業はいっそう容易になる。新しいエンジンの組み立ては3.5分ごとに始まり、95のワークピースキャリアが、全長432mのU形のラインに沿ってエンジンを運ぶ。110の作業サイクルのうち71サイクルが製造エリアにあり、8気筒エンジンが6.2時間で製造される。新しいV型8気筒エンジンの生産工程においてはデジタル化とデータ管理機能の活用がさらに増えている。

ポルシェAGのアグリゲートおよびコンポーネント部門の責任者であるクリスティアン・ウィル氏は、「エンジンが完成してテストされた後、各エンジンについて約2,300のデータユニットを回収することが可能です。製造開始からかなり早い時期に品質変動を検出して不具合の発生を防ぎます」と述べている。

柔軟な成長を可能にする多機能な工場構造

ドイツ・シュトゥットガルトのツッフェンハウゼンの中心に位置する「8気筒エンジン専用」の新工場

2014年初頭に建設が始まった新しいエンジン工場は、ポルシェの主要生産拠点の西側の拡張ゾーンにある。建物のフロア面積は約10,000m2で、工場は1階のロジスティクスと上階のエンジン組み立ての2つの階に分割されている。多機能構造の生産エリアには、フレキシブルな使用を阻害するような恒久的な構造物はほとんどない。コンセプトは、新しいテーマ内容と製品を追加する際の選択肢が失われないようにすることにある。

そのため、新エンジン工場の区画と周辺には拡張のための準備がなされている。建物はポルシェが拡張するために取得した25,000m2の区画の北東ゾーンに建設された。更なる拡張工事のために建物の反対側のスペースを使用できるように、正面に沿ってオフィスとソーシャルスペースを備えた3階建てのエントランスエリアがある。内部には、上階にもうひとつの作業階を設けられるようにスペースを確保して設計されている。

ポルシェは、エンジン工場の建造物の持続可能性についてもマイルストンを達成する。新しい建造物が属する場所は、ドイツ持続可能な建築物協会(DGNB)からゴールド認証の事前証明書をドイツで最初に受けた産業地区である、プラント4の一部にあたる。建物は40の持続可能性基準に基づいて評価を受けた。とりわけ、建物の屋根の太陽光発電システムは年間242,500kW/hの電気エネルギーを発生する。これは従来の発電に比べて、発生するCO2に換算すると、105トンを削減。さらに、広大な屋根が植物により緑化されており、大気環境の改善に寄与している。

投資プログラムによってよりいっそうのパワフルな成長を遂げるポルシェ

ここ数年でポルシェは3億ユーロ以上をシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの主要生産拠点に投資してきた。ポルシェは、新エンジン工場(以前のワイヤー工場)に隣接する旧トランスミッション製造施設を、中核ワークショップに変更することを計画している。

若いポルシェ従業員のための新しいトレーニングセンターを以前の路面電車の停留所跡地に建設した。ポルシェAGは、将来のプロジェクトに向けて中心部の事業用地をさらに開発するために、シュトゥットガルトの保有地を2倍以上の600,000m2に拡大。数年以内に10億ユーロを超える追加の投資を計画しており、更なる成長を後押しするために必要な資金を確保する。

革新の主なけん引役は、初のフル電動スポーツカーである。ツッフェンハウゼンだけでも1,000以上の新しい仕事がこの製品のために創出される。ポルシェは約7億ユーロを主要生産拠点に投資し、今後の数年間に新しい塗装工場と単独の組立工場を建設する。エンジン工場は、電気駆動部を製造するために拡張され、既存のボディ製造ショップは拡張される。ヴァイザッハ開発センターなどへの投資も行われる。

各コメント

▽ポルシェAG社長のオリバー・ブルーメ氏

「ポルシェは、設計から生産にいたるまで、スポーティな高性能エンジンの象徴です。さらに私達は新しいエンジンによって、この領域で更なる強化を図ります。こうして未来に向けて、お客様に運転する楽しみを提供することを保証し、また従業員に将来の仕事を確保します。同時にポルシェを、エレクトリックモビリティの新時代に導く重要な基盤を創設します。」

▽ポルシェAGの労使協議会議長のウーヴェ・ヒュック氏

「ツッフェンハウゼンはポルシェの伝説が生まれた場所であり、それは現在も生き続けています。最初の市販車である初代ポルシェ356モデルは66年前にここで製造されました。108名の従業員が働き、年間369台が製造されました。それが今日では、エンジンの生産のみで1,200名以上の従業員を雇用するまでに至りました。ポルシェの魂はエンジンの中に存在します。そして今、ポルシェは魂を生み出す新しい拠点を持とうとしています。しかし、ポルシェは新しいテクノロジーと建物だけに投資するわけではありません。人にも投資し、従業員のためにふさわしい労働条件を提供します。なぜならポルシェが成功を収めるためにもっとも重要な要素は、従業員だからです。新しいエンジンの生産施設は、ツッフェンハウゼン、シュトゥットガルトおよびバーデン=ヴュルテンベルク州、スポーツカー製造の未来、そしてとりわけポルシェの従業員に対する責任を担っています。ポルシェは単に発言するのみでなく、実際の取組で自動車産業における基準を打ち立てます。」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    619万円865.4万円