autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 平成21年4月1日より「環境対応車普及促進税制」実施。エコカーがお得!

自動車ニュース 2009/4/1 15:59

平成21年4月1日より「環境対応車普及促進税制」実施。エコカーがお得!

平成21年4月 1日より「環境対応車普及促進税制」実施。エコカーがお得!

平成21年4月 1日より実施される「環境対応車普及促進税制」による自動車取得税・重量税の減税/免税措置により、エコカーが非常にお買い得になった。この税制で、市販車として多く売られる低燃費かつ低排出ガス認定自動車や、最近とみに注目されるハイブリッド自動車が減税されるのがわれわれ消費者にとっての大きなメリットだ。該当車種の燃費性能に応じて100%、75%、50%という減税がはかられる。その割合は、リアウインドウでよく見かける星が並んだシールと燃費基準達成シールによって分類される。

これがどれくらいの金額になるのか、一例を紹介しよう。

例えばトヨタ車。エスティマ ハイブリッド、クラウン ハイブリッド、そして大注目のプリウスは重量税取得税ともに免税。中でもプリウスでは、グレードごとに異なるが、およそ150,000〜200,000円もの支払い負担が軽減されることになる。ホンダのインサイトはどうか。こちらも3月登録車に比べて108,500円安くなる計算だ。

この減税措置は何もハイブリッド車に限らない。日産ではCVT等の技術改良により、キューブ/ノート/ティーダ/ティーダラティオ/ウイングロード/エクストレイル/セレナの7車種である。例えばセレナ。重量税取得税ともに75%の減税措置がとられ、150,000円ほどのお買い得になった。なお、エクストレイル 20GT(クリーンディーゼル車)は「次世代環境車」として、重量税取得税が免税。200,000円ほどの減額となる。

なお、適用期間は自動車重量税が平成24年4月30日、自動車取得税は 平成24年3月31日までとなっている。期間限定の免税措置、新車購入をお考えの方はこれらの税制もよく加味して、クルマ選びを楽しんで頂きたい。

※自動車税の更なる軽減措置を実施している都道府県もありますので、詳しくは自動車を登録する都道府県にお問合せください。(例:東京都)

ホンダ インサイト 関連ページ

トヨタ エスティマハイブリッド 関連ページ

トヨタ クラウンハイブリッド 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

日産 キューブ 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

日産 ティーダ 関連ページ

日産 ティーダラティオ 関連ページ

日産 ウイングロード 関連ページ

日産 エクストレイル 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インサイト の関連記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連記事をもっと見る

ホンダ インサイト の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円