autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アルファ ロメオ、8C スパイダーの日本導入について

自動車ニュース 2009/4/2 14:06

アルファ ロメオ、8C スパイダーの日本導入について

アルファ ロメオ、8C スパイダーの日本導入について

フィアットは、2008年のジュネーブモーターショーで初公開されたアルファ ロメオの最高級オープンスポーツ・アルファ ロメオ 8C スパイダー (Alfa Romeo 8C Spider) の日本導入モデルに関する概要を発表致した。

アルファ ロメオ 8C スパイダーは、2006年秋のパリ・モーターショー(パリ・サロン)にてワールドプレミアとして出品され最高級グランツーリスモカーとして世界中の賞賛を浴びたアルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネのオープンバージョンであり、アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネと同様に、世界500台限定生産となる。アルファ ロメオ 8C スパイダーはワールドプレミアとして2008年のジュネーブショーに出品されたのち、同年4月に購入申込受付が開始された。日本への割当分は70台となっており、車両本体価格は2,650万円(税込)からとなる。なお、日本へのデリバリーは2010年4月頃からの予定となっている。

アルファ ロメオ 8C スパイダーのスタイリングは、アルファ ロメオのデザインセンター「チェントロスティーレ・アルファ ロメオ」で精巧に作り上げられている。50年代のジュリエッタ・スパイダーや60年代のデュエットなど歴史的な名車の技術やエモーションを現代に引き継ぎながらも、アルファ ロメオが誇る先端の工学技術も随所に盛り込まれている。世界の自動車史上もっとも美しいクルマとして認められてきたアルファ ロメオ8Cコンペティツィオーネのスタイルを生かしつつ、アルファ ロメオならではの素晴らしいオープンスタイルを具現化したものである。

エンジンはアルファ ロメオ8C コンペティツィオーネ譲りの総排気量4,691cc、90度 V型8気筒を搭載し、最高出力は331kW(450ps)/7,000rpm、最大トルクは480N・m(48.9kgm)/4,750rpmを発揮(メーカー参考値)。ステアリングホイール裏にパドルシフトを備えたATモード付6速シーケンシャルトランスミッションの「Q-セレクト」を組み合わせている。駆動方式は、トランスアクスル方式の後輪駆動レイアウトを採用。ギアボックス、ディファレンシャル、油圧ユニットなどの駆動系を後方に配置することで、前後重量配分の均等化が図られている。ブレーキシステムはブレンボ製カーボンセラミック(CCM)を標準装備。フロント径380mm、リア径360mmのこのCCMブレーキの採用により、卓越したエンジン性能に負けない強力な制動力を発揮。また、これにより車両重量を大幅に軽減することが可能となり、より快適でダイナミックな走行性能を実現する。またブレンボ製のアルミモノブロックブレーキキャリパーは標準のブラックをはじめ、オプションのアルミ調レッド、レッド、イエロー、アルミと、計5色から選択することができる。

インテリアは、ダッシュボードやパネル類にふんだんに使われたカーボンコンポジット材や、ドライバーの身体的特徴に合わせて数多の調整が可能なカーボンファイバー製シェル構造のバケットシートなど、アルファ ロメオ8Cスパイダーならではの洗練された室内環境が目を引く。シート表皮には専用に開発されたフラウ社製レザーが採用され、色はレッド、チタン、テッラ ディ シェーナ、ブラックの4種類を設定。オーナーの嗜好が最大限反映できるよう濃淡をもつステッチを組み合わせたレザーなどもオプションで選択が可能。またホイールには伝統的なデザインのコンペティツィオーネ スタイリング20インチアロイホイールを標準設定。このほかにも2タイプがオプションで用意されている。加えて、ダークシャイニングシルバーのスペシャルカラーのアロイホイールもオプションで選ぶことができるようになっている。

ボディ構造はコンパクトなスチール製フレームで、最大限のねじれ剛性を確保、ボディパネルにはカーボンファイバーを採用することで軽量化、車体重心の最適化を図っている。またサイドミラーの形状や取り付け位置、ウインドウの形状に至るまでコンピュータ解析され、風洞実験を重ねたことで優れた空力性能を実現。優美なソフトトップは二層構造になっており、外側は多層織りのクロスで耐久性を高めている一方、内側には静粛性に優れた素材を採用。この電動油圧式ソフトトップは約20秒で開閉が可能。ボディカラーは標準のアルファ レッドに加えて、オプション設定で3レイヤーマイカフィニッシュカラーのコンペティツィオーネ レッド、シェル ホワイト、マグネシウム グレー、ライト ブルーと計5色。またお客様の好みに合わせて決められるカスタムカラーもオプションで可能としている。そしてそこに組みあわせられるソフトトップは、標準のブラック、オプション設定のブラウンとレッドの、計3色の設定となっている。

■アルファ ロメオ 8C スパイダー

・世界500台限定生産、うち日本割り当て分は70台。

・車両本体価格 2650万円(税込)から

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ の関連記事

アルファ ロメオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    849万円1,070万円