autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、新型S4/S4アバント発表

自動車ニュース 2009/3/25 12:20

アウディ、新型S4/S4アバント発表



アウディは、S4/S4アバントを発表、5月11日より全国のアウディ正規ディーラーネットワーク(101店舗:現時点)を通じて発売する。

S4専用にチューンが施されたスーパーチャージャー付きV型6気筒3.0L直噴ガソリンエンジンは、従来型と比較して、トルクを30Nm(7%)向上しながら、燃費を18%改善(10・15モード、社内測定値)、CO2排出量を15%低減(社内測定値)。高出力エンジンの搭載に合わせて、パワートレインもよりスポーティに強化されている。アウディS4は、アウディ初のリヤスポーツディファレンシャルを装備。これは後輪左右にかかる駆動力の配分を、路面状況に合わせて最適になるように常時変化させるシステムで、車両の回頭性を高め、ドライビングプレジャーを向上させる一方で、車両の挙動安定性をも大きく向上させる。トランスミッションは、駆動力の伝達ロスを極限まで低減した最新の7速Sトロニックを採用。さらに各種設定をドライバーの好みに合わせて選択できる先進技術「アウディドライブセレクト」を標準装備。一目でS4と分かる空力特性に優れた専用デザインのエアロパーツをはじめ、バング&オルフセン サウンドシステムやカーボン製デコラティブパネルなど、A4シリーズのフラッグシップに相応しい走りと装備を備えている。

■新型アウディS4の特徴

・S4専用にチューンが施された、新開発のスーパーチャージャー付きV型6気筒「 3.0TFSI 」エンジン 最高出力245kW(333ps)、最大トルク440Nmを発生。力強いパフォーマンスと高効率を実現。
・ 0-100km/h加速5.3秒(セダン)、最高速度250km/h(リミッター制御)に達する優れた動力性能。
・縦置き型エンジン用に新開発された7速Sトロニックと、アウディホールドアシストを採用。
・従来モデルV型8気筒4.2L比で、燃費を18% 向上 (10・15モード 8.6km / L、社内測定値)。
・アウディ市販モデル初採用の後輪左右駆動力を可変配分するリヤスポーツディファレンシャルを標準装備。
・ダンパー特性、ステアリングギア比とアシスト量、トランスミッションのシフトスケジュール、エンジン出力、リヤスポーツディファレンシャルの設定をドライバーの好みに合わせて選択できる先進技術「アウディドライブセレクト」を標準装備。
・アウディS4専用パーツ装着によるスポーティでエレガントなエクステリアデザインと、シルクナッパレザーの電動Sスポーツシートやカーボンデコラティブパネルなど、エクスクルーシブな専用インテリアデザイン。

メーカー希望小売価格(税込)

S4 7,850,000円
S4アバント 8,030,000円

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!