autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、パジェロ ショートボディ車に新長期規制適合ディーゼルエンジンを搭載

自動車ニュース 2009/3/24 18:41

三菱、パジェロ ショートボディ車に新長期規制適合ディーゼルエンジンを搭載

三菱は、パジェロ ショートボディ車に、現行の新長期規制(平成17年排出ガス規制、乗用車)に適合したディーゼルエンジン搭載グレードを追加設定し、3月27日から全国の系列販売会社より発売する。価格は367.5万円(税込)となる。

パジェロは昨年10月に、コモンレール燃料噴射システムやNOxトラップ触媒、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用し、新長期規制に適合させた3.2Lコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)を搭載したロングボディ車のグレードを追加設定。ディーゼルエンジンならではの優れた燃費性能、力強い走りなどで高い評価をいただいており、『パジェロ』の全グレードの中で約6割の販売比率を占めている。

今回、お客様のご要望にお応えして、ご好評いただいている同ディーゼルエンジンを、ショートボディ車の「VR-II」にも新たに追加設定した。

■パジェロ ショートボディ車「VR-II」(ディーゼルエンジン搭載車)概要

新長期規制適合3.2Lコモンレール式ディーゼルエンジン(DI-D)を搭載した。(出力、トルクなどのエンジンスペックは、ロングボディ車に搭載したディーゼルエンジンと同一)
平成27年度(2015年度)燃費基準を達成した。
路面状況や走行状況にあわせて最適な制御を行う「INVECS-IIスポーツモード5AT」を採用した。
ディーゼルエンジン自体の騒音低減に加え、車体にも吸音材、遮音材の大幅な追加と最適配置を行うことで、高い静粛性を実現した。
内外観や、その他の機能や装備については、ベース車の「VR-II」(ガソリンエンジン搭載車)と同様。但し、寒冷地仕様についてはメーカーオプション設定とした。
ディーゼルエンジン搭載車専用エンブレム「DI-D」をバックドアに装着した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!