autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シボレー、2010年型シボレー「カマロ」販売開始

自動車ニュース 2009/3/24 12:13

シボレー、2010年型シボレー「カマロ」販売開始

シボレーは、2010年型シボレー「カマロ」を販売開始した。7年ぶりのモデルチェンジである。

2010年型カマロの設計には、1967年から1969年まで生産されていたカマロの初代モデルの伝統が息づいている。2ドアスポーツクーペ新型カマロのホイールベースは2,852ミリメートル(112.3インチ)で、全長4,836ミリメートル(190.4インチ)、幅1,918ミリメートル(75.5インチ)、高さ1,376ミリメートル(54.2インチ)と、クラシックなプロポーションが特徴だ。

ロングフード、ショートデッキ、マッスルなフェンダーフォルムのワイドスタンス、そして高速に適した67度傾斜のフロントガラスが空力性能に貢献。V6モデルの抗力係数(Cd)は0.37、V8搭載SSモデルでは0.35Cdと若干なめらかである。

ホイールアーチとタイヤの隙間に関しては、設計工程において特段の注意が払われた。フェンダーの下部とタイヤの上部の関係性は全モデル共通であり、履かせるタイヤの大きさがスタンダードの18インチであっても、オプション仕様の19インチや20インチであっても一定に保たれる。またノーズも全モデル共通で、63.5ミリメートル(2.5インチ)のパワードームが設けられたアルミ製ボンネットや、古典的なV字型デザインモチーフなど、カマロのハイパフォーマンスモデルを髣髴とさせる設計だ。SSモデルでは、フロント上部に、下部インテークより小さい擬似のエアインテークが配される。

トップ部分については、コルベットに倣って、ルーフにツインコックピットを彫り、車にシボレー独特の存在感を与えた。車体の剛性を高めるべく設計されたBピラーは外側からは見えないようになっており、ハードトップクーペらしい外観にした。製造工程では、高いクオリティを確保すべくワンピース構造のボディプレスを採用し、段差や継ぎ目のない、よりすっきりとしたボディサイドを実現。リヤクオーターパネルにある「Gills(魚のえら)」もカマロではお馴染みのスタイリングである。

エクステリアカラーは、ブラック、ヴィクトリーレッド、ラリーイエロー、シルバーアイスメタリックなど10色を揃えた。レッドジュエルティントコートもオプションで用意。その他、サイバーグレーメタリック、アクアブルーメタリック、インフェルノオレンジメタリック、ホワイト、インペリアルブルーメタリックが選べる。

LTおよびSSモデルではRSアピアランスパッケージも用意されている。このパッケージには、ハローリング付きHIDヘッドランプ、リヤスポイラー(LTの場合)、特定のテールランプ、20インチホイール(ミッドナイトシルバー仕上げの場合)が含まれる。

なお、日本においては2009年秋の導入を予定している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!