autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マセラティ、マセラティ グラントゥーリズモS オートマチック」を発表【ジュネーブモーターショー】

自動車ニュース 2009/3/6 15:53

マセラティ、マセラティ グラントゥーリズモS オートマチック」を発表【ジュネーブモーターショー】


マセラティは、ジュネーブモーターショーで「マセラティ グラントゥーリズモS オートマチック」をワールドプレミア発表した。

インディアナポリス500マイルレース(インディ500)での初勝利からちょうど70年目のアニバーサリーイヤーを記念して、今年1月にデトロイトで発表した「マセラティ クアトロポルテ スポーツGTS」に続くニューモデルである。

「マセラティ グラントゥーリズモS オートマチック」が搭載する4.7L V8エンジンの最大出力は、7,000rpmで440hp(323kW)。4,750rpmにて490Nmの最大トルクを生み出す。このクルマの最大の特徴は、従来のモデルに搭載している最もパワフルなウェットサンプ式V8 エンジンと、オートマチックトランスミッションとの組み合わせである。これまでの従来モデルは、4.2Lエンジンにはオートマチックトランスミッション、4.7Lエンジンには電子制御ギアボックスを供給しており、そのパワフルな4.7L V8エンジンとスムーズなZF社製6速オートマチックトランスミッションの組み合わせは「グラントゥーリズモ」の基本コンセプトを強調するのと同時に、最高の走行性能を実現している。

マセラティ特有のデザインを堅持する一方で、「マセラティ グラントゥーリズモ S オートマチック」には、細部に際立ったデザインの変更が施されている。ダイナミックなスタイリングを強調するドアの下の外に突き出した新しいデザインのサイドスカート、そして標準仕様の新型20インチホイールに、新型トライデントを特徴付けるデザインのスポークを採用するなど、マセラティが持つ力強さとエレガントさの調和を明確に演出している。標準装備されたブルートゥースワイヤレステクノロジーと、オプションで装着可能なipodインターフェイスを完備したマセラティマルチメディアシステムはより進化し、ドライバーと同乗者に満足していただける操作の楽しさを提供する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!