autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ、599「HGTE パッケージ」と「599XX」をワールドプレミア【ジュネーブモーターショー】

自動車ニュース 2009/3/6 15:38

フェラーリ、599「HGTE パッケージ」と「599XX」をワールドプレミア【ジュネーブモーターショー】

フェラーリは、第79回ジュネーブ国際自動車ショーにおいて、599「ハンドリングGT エボルツィオーネ(HGTE:Handling GT Evoluzione)パッケージ」を発表、また限られたお客様向けに開発した「599XX」を世界初公開した。

「599XX」には、フェラーリのロードカーおよびF1マシンの研究開発で培った最先端技術を採用。その技術の多くは、この特別車専用に開発され、初めて搭載されるものである。

「HGTEパッケージ」は、「599」がさらにスポーティでダイナミックな走りを実現できるように設計。車両のセットアップとタイヤに技術的改良を加え、運転のしやすさを維持しながらも、さらに確実でダイナミックなハンドリング、そしてよりシャープなコーナリングと速いレスポンスを実現している。

「HGTEパッケージ」は、跳ね馬を冠するスポーツカー・セグメントのフラッグシップである「599」のポジショニングをより際立たせもう1つの12気筒モデル「612スカリエッティ」や、8気筒の「フェラーリ・カリフォルニア」が持つグラン・ツーリスモとしての性格とは異なる「599」独自のミッションを明確にしている。

ジュネーブ国際自動車ショー会場では、新色の3層メタリック・ロッソ塗装を施した599の「HGTEパッケージ」車輌と、16度目のF1コンストラクターズ・ワールドタイトルを獲得したフォーミュラカー「F2008」と同色の「599XX」を展示。今回ワールドプレミアをした2モデルに加えて、グリージョ・ティタニオ(Grigio Titanio)の「スクーデリア・スパイダー16M」、ロッソ・コルサ(Rosso Corsa)の「430スクーデリア」、そしてフェラーリのグラン・トゥーリズモ(GT)モデルからは、ネロ・メタリッザート(Nero Metallizzato)の外装にサッビア(Sabbia)の内装を施した「フェラーリ・カリフォルニア」とGTフラッグシップモデル「612スカリエッティ」という、全現行モデルを展示している。GTモデルは、ブース内の専用アトリエに多種多様なカスタマイズ・オプションが展示されている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!