autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 第5回 国際水素・燃料電池展

自動車ニュース 2009/2/26 18:47

第5回 国際水素・燃料電池展

世界最大の燃料電池展開催中












アメリカのオバマ新大統領がグリーン・ニューディール政策を掲げるなど、世界中でクリーンカーに注目が集まる中、東京江東区にある東京ビッグサイトで、2月25日(水)〜27日(金)までの3日間、世界15ヶ国から500社が出展する世界最大の燃料電池展「FC EXPO 2009 〜第5回 国際水素・燃料電池展〜」が開催されている。

この展示会ではトヨタ、ホンダ、日産、GM、メルセデスなど国内外を代表する自動車メーカーの燃料電池自動車(JHFCブース)も出展されており、中でもこれらの燃料電池車に試乗できるアトラクションが人気を呼んでいる。

ガソリン1L相当の水素で5,385kmを走行したギネス記録を持つ「Pac CarⅡ」がスイスから日本に初上陸。さらには、日産の最新燃料電池スタックや、水を燃料にしたスクーターなども展示されている。

一方、同時開催中のアジア最大の太陽電池の展示会「PV EXPO 2009 〜第2回 国際太陽電池展〜」には、世界20ヶ国から450社が集まり、最先端技術・製品が出展されている。

自動車業界や製造業界には逆風が吹き荒れているが、その突破口として各社、次世代自動車開発や新エネルギー技術・製品の開発に全力を注いでいる。

FC EXPOとPV EXPO。東京が新エネルギーの中心となる3日間。会期は残すところあと一日。新エネルギーの未来を創るこの展示会に、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

詳しくは、「第5回国際水素・燃料電池展」ホームページへ

http://www.fcexpo.jp/2009_jp/index.html

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!