autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、新型「Mazda3」i-stop搭載モデルと新型「Mazda3 MPS」を出品【ジュネーブモーターショー】

自動車ニュース 2009/2/3 20:10

マツダ、新型「Mazda3」i-stop搭載モデルと新型「Mazda3 MPS」を出品【ジュネーブモーターショー】

マツダは、2009年3月3日から15日まで開催される2009 ジュネーブモーターショーで、大幅に燃費を向上させるアイドリングストップシステム「i-stop(アイストップ)」を搭載した新型「Mazda3」(日本名:マツダ アクセラ)と、Mazda3シリーズ中で最高の走行性能を実現しながらも欧州排出ガス規制「Euro-5」に適合する高い環境性能を備えた新型「Mazda3 MPS」(日本名:マツダスピード アクセラ)を世界初公開する。

「Mazda3」は2003年に生産を開始し、これまで200万台以上生産したマツダの基幹車種。新型モデルは表情の豊かさと躍動感をより大胆に強調するエモーショナルなデザインとなり、ドライバーとの一体感を極めた俊敏さと安心感に溢れる走りを追求しながらも、マツダの技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づき環境・安全性能を充実させている。

新型「Mazda3」i-stop搭載モデルは、まさに「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」で掲げている環境性能を体現したクルマとして、新型Mazda3シリーズに新たに投入。i-stopとMZR2.0L DISI エンジンを採用した新型Mazda3は、車両全体で現行車と比べて約12%燃料消費を低減させ、卓越したドライビング性能はそのままにクラストップレベルの燃費性能を実現している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!