autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、X3が2009年ドイツ自動車連盟のイエローエンジェル賞を受賞

自動車ニュース 2009/1/26 15:20

BMW、X3が2009年ドイツ自動車連盟のイエローエンジェル賞を受賞

BMWは、X3がドイツで最も信頼性の高い車として2009年ドイツ自動車連盟のイエローエンジェル賞を受賞したと発表した。

ドイツ自動車連盟(ADAC)の発表した品質ランキングで、2年連続の首位を獲得した。これにより前年と同様、BMW X3は世界でも名高いADAC品質部門の「イエローエンジェル賞」に輝き、今年もADACが認める、ドイツで最も信頼できる車としての地位に就くこととなった。

この賞はADACの故障統計による約200万件におよぶ実例と、機関誌「ADAC motorwelt」の顧客満足度調査に寄せられた約43,000件の回答に基づいたものである。ADACの故障統計によれば、BMW X3は昨年に続き、ADACによるロードサービス(通称:イエローエンジェル)を受ける機会が最も少なかったモデルだった。この結果は、スポーツ・アクティビティ用の車両としての品質の高さを裏付けており、優れた俊敏性と見事なレスポンスを示す走りと合わせてX3の成功の要因となっている。BMW X3は2008年11月現在で50万台が販売されており、世界規模でのベストセラー車両となっている。

高度な4WD(四輪駆動)システムを標準装備しているBMW X3は、セグメントの先駆者であると同時に、現在もベンチマークとして存在し続けているモデルである。これは効率性においても当てはまる。特にBMW X3 xDrive20dは、駆けぬける歓びと燃料消費量とのバランスを、環境に配慮した形で実現したモデルで、最高出力130kW(177PS)を発揮する、総アルミ製クランクケースと最新のコモンレール式ダイレクト・インジェクション・システムを搭載した4気筒ディーゼル・エンジンは、BMW EfficientDynamics(エフィシエント・ダイナミクス)における数々の技術と結びついている。BMW X3 xDrive20dは、このエンジンにより優れた加速性能を発揮するとともに、EUテスト・サイクルによる100kmあたりの平均燃料消費量は、わずか6.5Lとなっている。

その卓越した品質が評価され、BMW X3は世界中で権威のある賞を何度も受賞している。このモデルは自動車専門誌「Off Road」の「年間最優秀オフロード車」や「Auto Bild Alles Allrad」の「年間最優秀4WD車」にも選出。BMW X3で実現されている高い品質、ドライビングプレジャー、効率性のユニークな融合は、価値の保持の面でもメリットをもたらしている。市場分析を専門とするEurotaxSchwacke社は、2008年のオフロード車市場における自動車販売予測指標の首位に、BMW X3を選んだ。BMW X3がこのセグメントのどのモデルよりも、その価値を保持し続けることを示すものである。

■品質の証明に大きな影響力を持つイエローエンジェル賞。

ADACが認めた高い品質を証明する「イエローエンジェル賞」は、自動車に携わる専門家の経験と自動車ユーザーの評価に基づいて贈られる賞である。ADACの故障統計は、通称「イエローエンジェル」と呼ばれるロードサービスが、ドイツ国内で車齢1〜6年の車両の故障に応じて出動した全件数を対象としたもの。最も信頼性の高い車両のランキングは、登録されたモデルの1,000台あたりの故障件数に基づいている。同時に、ADACの機関誌「ADAC motorwelt」による、広範囲にわたる顧客満足度調査の結果も加味。過去3年間に大幅な仕様変更がなく、毎年10,000台以上生産されたモデルのすべてがこれらふたつの観点による評価の対象となる。このイエローエンジェル賞は、車の信頼性に関する長期的な展望を寸評とともに示すもので、BMW車の備える卓越した品質が、長期にわたって顧客満足をもたらす一台であることを証明する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!