autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース キャデラック、2010年型SRX発表

自動車ニュース 2009/1/5 16:58

キャデラック、2010年型SRX発表

GMは、次世代2010年型 SRXクロスオーバーを発表した。2010年型SRXは、北米国際オートショーにて、ミドルサイズのラグジュアリー・クロスオーバーとして出展される。

2010年型SRXは、キャデラックでは初めて2種類のハイテク6気筒エンジン(キャデラックが北米で販売する最小排気量エンジン)を用意するなど、効率的なパフォーマンス設計になっている。新3.0L直噴V6エンジンを標準装備しており、新2.8LターボチャージV6をオプションで用意した。どちらのエンジンも、大排気量エンジン並みの強力なパフォーマンスを実現するテクノロジーを採用している。直接噴射技術を採用したことにより、炭化水素排出量は25%削減される。公道における燃費率は1ガロンにつき32キロ中程が期待されるが、現状ではテスト段階となっている。

どんな走行条件下でも、ハンドリング性能と車体の安定性が最適化される全輪駆動(AWD)システムを採用したことで、パフォーマンスと安全性が強化されている。このAWDシステムには、高度な電子制御リミテッド・スリップ・デフ(eLSD)が組み込まれており、これによって、トルクが前輪車軸から後輪車軸へ伝達されるだけでなく、必要に応じて後輪車軸から左右へも伝達される。こうした予測型のアクティブ・オン・デマンド・システムは、濡れた路面や凍結した路面条件下でさらなる能力を発揮する。

2010年型SRXモデルは、軽快かつレスポンスに優れた走行体験をもたらすべく、トレッドが広くなっている。定員は5名で、座席スペースも荷室も余裕のある設計になっているため、3,500ポンド(1,587kg)まで牽引することが可能となっている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!