autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、スポーツバック コンセプトを出品【デトロイトモーターショー】

自動車ニュース 2009/1/15 10:58

アウディ、スポーツバック コンセプトを出品【デトロイトモーターショー】

アウディは、2009年デトロイトモーターショーに、世界で最もクリーンなディーゼルテクノロジーを搭載したスポーツバック コンセプトを出品した。

アウディ スポーツバック コンセプトは、昨年、11年振りに市場投入した2ドアフル4シータークーペ「アウディA5」のコンセプトを受け継ぐコンセプトモデル。クーペのような流麗なシルエットと大きなリヤハッチを備え、ラグジュアリークラスにおける先進性を大胆に示している。また、水平感を強調するショルダーラインは、路面を抱きしめるようなボディの存在感を強調し、フロントとリヤに採用された幅広でフラットなデザインのLEDライトユニットも相まって、存在感をさらに強調。アウディ スポーツバック コンセプトは、5ドアモデルならではの高いユーティリティ性能をもちながら、クーペの持つ潜在的な動力性能をエレガントに、そしてダイナミックに提示している。

アウディ スポーツバック コンセプトに採用された技術のハイライトは、世界で最もクリーンなディーゼルテクノロジーである。搭載されるハイパフォーマンス・ウルトラ・クリーン・3.0リッターV6 TDIエンジンは、165kW(225ps)の最高出力、550 Nmの最大トルクを発揮。しかしながら、窒素酸化物をほとんど排出しない。このエンジンは、全米50州すべての排出物質規制に適合し、2014年に発効するEU6基準をすでにクリアしている。

最高の効率を達成するために採用された数多くの対策により、欧州ECE基準に則って算出した、アウディ スポーツバック コンセプトの平均的なディーゼル燃料使用量は、16.9km/L、CO2排出量は156g/km。低燃費と高い環境性能を両立。パワフルなTDIエンジンが発生するパワーは、アウディ最新のトランスミッション技術「7速ティプトロニック」を介してホイールに伝達され、クワトロ(フルタイム4WDシステム)が、あらゆる状況下においてTDIエンジンが生み出すパワーを逃すことなく路面に伝える。アウディ スポーツバック コンセプトの車重は1,800kg、空気抵抗係数(Cd値)は0.30、0-100km/h加速は7秒以下で、最高速度は245km/hに達する。

現時点でアウディ スポーツバック コンセプトの市場導入時期・価格は未定となっている。

なお、アウディは、デトロイトモーターショーにおいて、アウディ スポーツバック コンセプトのほか、アウディ R8 V10を筆頭とする最新のアウディモデルラインナップを出展する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!