autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル 360「癒し系てんとう虫」【車なご図鑑】

自動車ニュース 2016/5/23 16:10

スバル 360「癒し系てんとう虫」【車なご図鑑】

関連: スバル

スバル 360ってこんなクルマ

【車なご図鑑】スバル360
【車なご図鑑】スバル360【車なご図鑑】スバル360

まだ戦後間もない昭和33年(1958年)、当時主流だった普通車と小型車は、どちらも運転手つきで乗るような値段……そんな時代に登場したこのスバル「360」は、軽免許(当時360cc以下の排気量の車限定免許)で乗ることができる大衆車として、華々しいデビューを飾ったのでした。

大衆車とは言っても、当時の平均年収25万円に対して、発売当初の42万5千円(平均年収の1.7倍)という価格は必ずしも安いものではありませんでした。しかしそんな折、昭和39年の東京オリンピックが好景気を呼んだことで、平均年収は約2倍に。これによって、誰でもスバル 360を買える時代が到来しました。

2015年度の平均年収は415万円というデータがありますので、その水準に合わせると、現行車ではトヨタ「クラウンマジェスタ」や日産「シーマ」に並ぶ価格帯といったところでしょうか。この値段をどうとるかは皆さんにお任せいたしますが(笑)

個人的にこの時代のクルマの良いところは、非常に合理的な設計で出来ていることと、今では考えられないような数字が諸元表に自慢げに書かれていること。これを見るたびに技術の進歩を感じるとともに、どこか愛らしさも感じてしまいますね。

スバル360の価値は値段の安さだけではありません。中島飛行機時代に培った技術で実現させた効率の良いパッケージングも、評価すべき点でしょう。

特徴を書けばキリがないですが、385kgという驚異的な軽さを誇るボディに、最高速度80km/hを可能にするEK31型エンジンが搭載された結果、20km/Lという驚異的な燃費性能だったとか!?

インテリアもごくシンプルなもので、合理化を図った結果残ったのは最低限の機器類。それらが水平にレイアウトされます。そして唯一、嗜好品として残されたのがなんと「灰皿」。今とは異なる価値観を感じる装備品ですね。

エクステリアに目を向けると、皆さんお気づきかと思いますが、サイドミラーがありません。1961年になってようやくフェンダーミラーが装備されますが、それまでどうやって左右後方の安全確認をしていたのか、かなり不安になりますね。そんなちょっとしたところにも時代の変遷を感じます。今ではミラーだけでなく、カメラまで装備する時代ですからね。当時のスバル360ユーザーがアイサイトを見たらどう思うのでしょうか。

小さなボディで大きな文化をけん引したスバル360。今なお愛される「てんとう虫」はいったいどのような姿になったのでしょうか!?

スバル 360「車なごコレクション」キャラクター解説

【車なご図鑑】スバル360
【車なご図鑑】スバル360【車なご図鑑】スバル360

ついに1950年代まで遡った車なごコレクションですが、スバル 360の調査は半ば日本史の授業でした(笑)今とは異なる価値観や時代背景を考えつつ、このスバル 360の真価とは何か。それを考えた結果、やはりこの時代に大衆車として登場したことに重きを置きたいと考え、数あるモデルの中から「増加試作型」を選ぶに至りました。

増加試作型を見分ける方法はいくつかありますが、最大の特徴は、車体右側にエアダクトグリルが「無い」ことです。なぜ無いのかは不明ですが、しっかりキャラクターにもデザインされています!よく見ると左肩にはシマシマ模様(エアダクトイメージ)がありますが、手前の右肩にはありません。

「無い」ことを表現するという難しい注文に、テクニカルな手法で応えてくれた作家は椎奈しなさん。スバル360の、まるっこく可愛らしいイメージをまっすぐに表現してくれています。

マニアックなパーツ類がしっかりと採用されているのも、個人的にはツボですね!360ちゃんが被っている帽子ですが、富士重工の前身でもある中島飛行機をイメージした帽子です。スバル360にはそうした飛行機製造由来の合理的な設計が数多く採用され、その思想は今日のスバル車のシンメトリカルAWDに至ります。そういった意味では、スバル360はスバルの基礎を作ったお母さん的なポジションなのかもしれませんね(笑)

ボイスを担当してくださったのは青野菜月さん。元気で明るい女の子に仕上げて頂きました。なかなかマニアックなセリフが含まれているようですので、発見した方は是非ご報告ください!特撮ファンの方がいればすぐに思い当たるかもしれませんが……。

最後に、最近なにかと軽自動車が話題ですが、日本のクルマ文化には常に軽自動車が寄り添っていたことを忘れずに「本当に必要とされていること」とは何か、みんなで考えていけたら…日本の自動車産業はもっとよくなっていくのではないでしょうか。

「車なごコレクション」とは?

車なごコレクション

今回紹介したキャラクターが登場する『車なごコレクション』は、実在する車を擬人化したスマートフォンアプリです。豪華声優陣が彩るフルボイスも要チェック!登場する車種は180種類以上!

車なごコレクション公式サイト

攻略wiki・キャラクター詳細ページ

車なごは「クルマの擬人化」をテーマに、それぞれの車種が持つ歴史や販売当時のイメージ等を含めて、セリフやデザインを組み立てています。イラストとゲームだけでは語りきれないクルマの良さは、ご自身の目で見て、肌で感じて、クルマと車なごの両方を好きになっていただけたら嬉しいです。

▼車なごコレクションのダウンロードは以下からどうぞ!

AppStore  /Google play  /楽天アプリ市場

▼前回記事はこちら

日産 シーマハイブリッド「栃木品質 ニッポンプライド」【車なご図鑑】

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24