autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、ロードスターをマイナーチェンジ

自動車ニュース 2008/12/9 11:44

マツダ、ロードスターをマイナーチェンジ

マツダ ロードスターがマイナーチェンジ(2008/12/09)

マツダ ロードスターがマイナーチェンジ(2008/12/09)

マツダ ロードスターがマイナーチェンジ(2008/12/09)

マツダは、ロードスターをマイナーチェンジし、全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて本日発売する。車両本体価格(税込)は、手動式開閉ルーフの「ソフトトップ」モデルが2,330,000円-2,600,000円、独自の電動式開閉ルーフの「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」モデルが2,680,000円-2,950,000円となる。

ロードスターは今回の変更において、初代から継承する「人馬一体」のコンセプトを基に、内外装のデザインおよび質感、機能性、走行性能を細部にわたって進化・熟成させることにより、様々な“FUN(歓び)”を提供する同車ならではの魅力・商品性をさらに高めている。また、オープン走行の楽しさとクーペの快適性を両立するRHTモデルは、質感の高い外装パーツを専用装備するとともに静粛性を高める等、上質感や快適性をさらに高めた仕様としている。

外観については、マツダ車の特徴である5角形グリルを採用する等、フロント廻りのデザインを一新している。また、サイドボディ下部からリアバンパーへとつながるキャラクターラインが、スポーツカーらしい躍動感を表現している。全車に標準装備されるアルミホイールは2種類ともに新デザインとし、ボディカラーには質感の高いシルバー系「アルミニウムメタリック」や鮮やかな黄系「サンフラワーイエロー」を含む3色を新たに追加している。

内装では、新デザインの5連メーターやダークシルバー色の装飾パネル等をインパネ周りに、シート素材として触感の良い茶系の本革や、RECARO社製バケットタイプの本革/ALCANTARA(アルカンターラ)を新採用することにより、室内空間の質感を高めている。また、5段階の温度調整機能付シートヒーター(本革シートのみ選択可)を設定する等、快適性も向上させている。

走行性能に関しては、MT車のエンジン最高回転数(レブリミット)を7,500rpmとすることにより、エンジンの伸び感を向上させている。操縦性については、フロントのロールセンター高およびサスペンションの最適化により、より自然な操舵感を実現している。また、AT車には「ダイレクトモード」や「アクティブアダプティブシフト(AAS)」といったスポーツ走行をサポートする機能を付加している。さらに、エンジンや車体から発生する音についても見直しを行い、静粛性を高めると同時に、心地良いエンジン音を実現している。

■ロードスター メーカー希望小売価格(税込)

【ソフトトップモデル】
S \2,330,000
NR-A \2,450,000
RS \2,600,000

【パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)モデル】
S RHT \2,680,000
RS RHT \2,860,000
VS RHT \2,950,000

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!