autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【Super GT Round.9】XANAVI NISMO GT-R本山組がタイトル獲得

自動車ニュース 2008/11/09 19:22

【Super GT Round.9】XANAVI NISMO GT-R本山組がタイトル獲得



2008 AUTOBACS SUPER GT第9戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが、11月9日、富士スピードウェイで行われた。GT500クラスはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/セバスチャン・フィリップ組)が今季2勝目。GT300クラスはNo.26 ユンケルパワータイサンポルシェ(谷口信輝/ドミニク・ファーンバッハー組)が、予選2位から今季初優勝を果たした。

■GT500

グリッドに着く直前、小雨がぱらつき始め、多くのチームがグリッド上で小雨用の浅みぞレインタイヤに交換。No.12 カルソニックIMPUL GT-R(松田次生)、No.39 DENSO DUNLOP SARD SC430(アンドレ・クート)の2台がスリックタイヤに賭ける。フォーメーションラップは通常1周だが、路面温度が極端に低く、タイヤのウォームアップに時間が掛かるとして2周行なわれた。

2周目にNo.22 MOTUL AUTECH GT-R(ミハエル・クルム)がピットイン。路面が乾き始めたため、スリックタイヤに交換。その後、他のチームも続々とピットイン。これで順位はめまぐるしく変わり、No.12松田、No.39クートの2台がトップ2に浮上してくる。

大きく離れた3番手にはタイヤ交換作業が抜群に早かったNo.23 XANAVI NISMO GT-R(ブノワ・トレルイエ)。ハンデの厳しい同車はペースが上がらず、チームは23周目にトレルイエを呼び戻し、タイヤ交換と燃料補給、本山哲への交代を終えて送り出す。また、この時点で2番手にいたNo.39クートも27周目にピットインし、髳。<ヤにナ> 給すえ代を2イ・トに交