autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、パサートCC販売開始

自動車ニュース 2008/11/20 11:26

フォルクスワーゲン、パサートCC販売開始

フォルクスワーゲン パサートCC

フォルクスワーゲンは、パサートCCを初めて国内導入し、11月25日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始する。

フォルクスワーゲンの4ドア車では最上級モデルとなる「パサートCC」。ロー&ワイドなプロポーションが印象的なパサートCCは、ボディ設計とあわせてデザインも一新。緩やかなカーブを描く流麗なルーフラインとサッシュレスドアを縁どる上品なクロームトリムに加え、ボディサイドの中央をダイナミックに貫く「トルネードライン」と呼ばれるキャラクターラインなどにより、これまでのフォルクスワーゲンには無いエレガントでパーソナルなテイストの車に仕上がっている。

パサートCCには、フォルクスワーゲンの最先端技術が数多く採用されている。最新の快適装備である電子制御式の可変サスペンション「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」は、全車に標準装備。V6 4MOTIONには、ともにフォルクスワーゲンとして初導入となる低速追従機能と完全停止までを実現した「アダプティブクルーズコントロール“ACC”」と、プリクラッシュシステムの「フロントモニタリングシステム“フロントアシスト”」が標準装備。またモデルラインアップには、これからの時代に相応しい経済性や環境対応など、時代の要請にも対応した「パサートCC 2.0TSI」を設定したほか、トップグレードの「パサートCC V6 4MOTION」には、直噴V6エンジンに6速DSGと最新の四輪駆動システムを組み合せるなど、両グレードともに高い基本性能と優れた安全・快適性を実現している。

「パサートCC 2.0TSI」には、低燃費で高性能なエンジンとして人気の高い2リッター、200馬力の直噴ターボエンジン「TSI」とティプトロニック付の6速オートマチックトランスミッションが組み合わされ、このボディサイズでありながら高い経済性と卓越した走行性能を実現。また、「TSI」と共通する直噴技術(FSI)を採用した3.6リッター V6 FSIエンジンを搭載する「パサートCC V6 4MOTION」は、299馬力の最高出力を、高効率で経済性に優れる新世代トランスミッション6速「DSG」と第4世代に進化したハルデックスカップリング式の四輪駆動システム「4MOTION」を介して無駄なく路面に伝える。

■パサートCC 希望小売価格(税込)

「パサートCC 2.0TSI」 \5,000,000
「パサートCC V6 4MOTION」 \6,020,000

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!