autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ iQ、新車装着タイヤにブリヂストンのエコタイヤを採用

自動車ニュース 2008/11/17 19:07

トヨタ iQ、新車装着タイヤにブリヂストンのエコタイヤを採用

ブリヂストンは、11月20日より発売される トヨタ iQ の新車装着用タイヤとして、 「 ECOPIA EP25 ( エコピア イーピーニーゴー ) 」 の納入を開始していると発表した。

「 ECOPIA ( エコピア ) 」 は転がり抵抗低減の実現に特化した、ブリヂストン エコタイヤのフラッグシップブランド。
null
日本では1991年に電気自動車に装着したのをきっかけに、市販用としては2002年にはトラック・バス用の「ECOPIA M881 ( エコピア エムハチハチイチ ) 」・「 ECOPIA R221 ( エコピア アールニーニーイチ ) 」、2005年には小型トラック用の「 ECOPIA M812 ( エコピア エムハチイチニ ) 」を発売。そして2008年4月、乗用車用の「ECOPIA EP100 ( エコピア イーピーヒャク ) 」を発売している。

ブリヂストンでは、今後 「 ECOPIA エコピア 」 ブランドの更なる品揃え充実、グローバル展開、新車装着タイヤへの拡大を行ってゆく。今回のトヨタ iQ への標準装着は、その第一歩となる。

また、「 NanoPro-Tech ( ナノプロ・テック ) 」 など ECOPIA エコピア に採用した技術を既存商品群にも搭載することにより、エコ対応商品の拡大を図り、日本国内の乗用車向け市販用タイヤ ( 夏用 ) は2014年に100% 「 エコ対応商品 」 にする方針とのこと。

- トヨタ iQ -


トヨタ iQは、従来のサイズの概念を打破することを目指し「超小型ボディに、卓越した性能を凝縮し高い質感を備えた“マイクロプレミアム”カー」。

トヨタ iQでは、専用のプラットフォームを新開発し、全長2,985mm×全幅1,680mm×全高1,500mmのボディに4人乗車可能な超高効率パッケージを実現するとともに、サイズを感じさせないiQ独自のデザインにより存在感と上質感を創出。

優れた環境性能と走行性能を両立する1.0Lエンジンを搭載し、同排気量トップレベルの低燃費を実現したほか、新燃費基準の試験方法となるJC08モード走行燃費で 「 2015年度燃費基準 」 を達成。

低中速ではキビキビと、高速では安定した運動性能を発揮し、最小回転半径は世界最小レベルの3.9mを実現。さらに、世界初のSRSリヤウインドウカーテンシールドエアバッグを含む9個のエアバッグやS-VSCを全車に標準装備するなど、高い安全性能を兼ね備えている。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!