autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、将来のレーシングカー像を提示

自動車ニュース 2008/11/14 20:38

アウディ、将来のレーシングカー像を提示

ロサンゼルス オートショーのデザインコンペティション「デザインチャレンジ モータースポーツ2025」に参加


アウディは、2008年ロサンゼルス オートショー(2008年11月19日〜30日)のデザインコンペティションイベント「デザインチャレンジ モータースポーツ 2025」に参加、2025年のレーシングカーをテーマとしたデザインチャレンジにおいて、アウディの考える先進的なレーシングカー「R25」のコンセプトを紹介する。

「デザインチャレンジ モータースポーツ 2025」は、自動車が発明されて以来、世界中の自動車文化に影響を与え続けてきたレースをインスピレーションの源、または参考として、既存のジャンル(オープンホイール、スポーツカー、デザート、ドラッグ、ラリー、ストックカーといったレースカテゴリー)の精神を体現するのみならず、将来のモータースポーツのあり方を示唆する「2025年のレースカー」のデザインを各社が競うイベント。参加するデザインは、モータースポーツにおける歴史的デザインの解釈、革新的技術の採用、環境への配慮と大胆なデザインの両立、現実的でありつつ未来志向のコンセプトを基準に評価される。

アウディ デザインセンター カリフォルニアのチームは、このテーマに対し、2025年アメリカン・ルマン・シリーズ ロサンゼルス ラウンドにおけるプロトタイプクラスの最新世代レースカーをイメージして、R25のコンセプトを作り上げた。このチームの考える2025年のアメリカン・ルマン・シリーズ ロサンゼルスラウンドには以下のような革新的な変化が盛り込まれる。

1.サーキットには高速バンクやトンネルが設置され、ダウンフォースの強い車は「裏返し」で走行することもできる。

2.トンネルと高いバンクの頂点部は、「WiTricity」と呼ばれるワイヤレス充電ゾーンとなっており、走行中に燃料補充が可能となる。

3.サーキット内で使用されるエネルギーは、すべて微細な藻類によって現地で生成されたものを使用。すなわち、発酵作用によって生み出される再生可能なバイオディーゼル燃料と、太陽光による生化学反応によって発生した水素を燃料電池に使って生み出される電力である。

4.従来型のグランドスタンドによる観戦ばかりではなく、ファンの人々はレースに参戦する全車両に搭載されたカメラがWi-Fi送信してくる映像を見て、コックピットに座るような疑似体験もできるようになる。

5.車両テレマチックスとトランスミッションの進化により、観客は自分が選んだ車の動きや加速度を(フライトシミュレーターのように)リアルタイムで、実際の映像とともに体感することができる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!