autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダイハツ、ビーゴをマイナーチェンジ

自動車ニュース 2008/11/14 14:43

ダイハツ、ビーゴをマイナーチェンジ

ダイハツは、ビーゴをマイナーチェンジし、全国一斉に発売する。価格は、166.0万円から211.9万円の設定となる。

今回のマイナーチェンジでは、より存在感を進化させたエクステリア、質感を向上させたインテリアにするとともに、燃費改善など環境性能を強化し、商品力のさらなる向上を図った。

■主な改良点

「都会的でモダンな新しさと存在感を進化させたエクステリア」
好評のスタイルを継承する新意匠のフロント&リヤバンパー、フロントグリルを採用
新意匠の16インチアルミホイールを採用(CX、CX-Limited)
リヤコンビネーションランプをクリアレンズ化
新色1色(シャンパンゴールドメタリック)を含む全8色のボディカラーを設定

「内装質感の大幅向上によりさらなる上質感を付与したインテリア」

明るいグレージュとシックなダークグレーの2色から選べる、スエード調ファブリックシート表皮を採用。また、ドアトリムをシート表皮に合わせて2色展開(CL、CX)
新意匠のメータークラスター、シフトレバーノブ(AT車)、ステアリングホイールの採用で高級感を演出
センタークラスター色をチタン調シルバーに変更
メッキインサイドドアハンドルを標準装備

「利便性の向上」

インテグレートCD(MP3・WMA対応)・AM/FM付ステレオを標準装備。(CX、CX-Limited)
運転中もステアリングから手を離さずにオーディオの操作ができるステアリングスイッチを標準装備(CX、CX-Limited)
イモビライザー機能付キーフリーシステムを標準装備(CX-Limited)
燃費に良い運転を知らせるエコランプを採用(AT車)

「環境性能の向上」

空力特性、アイドリング回転数などの改善により、AT車で約6%の燃費を向上し、4WD車では10・15モード燃費14.8km/*を実現、環境性能を高めている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!