autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F1 日本GP】アロンソが2連勝

自動車ニュース 2008/10/12 22:26

【F1 日本GP】アロンソが2連勝



FIA F1世界選手権第16戦 日本GPは、富士スピードウェイで開催され、フェルナンド・アロンソ(ルノー)が優勝した。

アロンソに5.284秒遅れてフィニッシュラインを越えたのは、BMWザウバーのロバート・クビサ。キミ・ライコネン(フェラーリ)は3位入賞を果たした。12番手グリッドからスタートしたネルソン・ピケ(ルノー)が4位、ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が5位でフィニッシュした。スクーデリア・トロロッソのセバスチャン・ボーデンとセバスチャン・ベッテルがそれぞれ6位と7位、フェリペ・マッサ(フェラーリ)が8位でポイントを獲得した。

ポールポジションからのスタートだったルイス・ハミルトン(マクラーレン)は、スタートで出遅れトップから脱落、その後のターン1へのブレーキングでホイールをロックアップさせた。この件でピットレーンのドライブスルー・ペナルティが言い渡された。L.ハミルトンは1周目にチャンピオンシップのライバルであるF.マッサを抜いているが、この間に接触があり、F.マッサもドライブスルー・ペナルティを課せられた。L.ハミルトンは12位で完走。

現在、84ポイントのL.ハミルトンが、78ポイントのF.マッサをリード。R.クビサが72ポイントで3位。コンストラクターズ・チャンピオンシップは、141ポイントのフェラーリが135ポイントのマクラーレンをリード、128ポイントのBMWザウバーが3位に続く。

レース終了後、S.ボーデンが25秒加算ペナルティを受け、結果10位へ降格。S.ベッテル、F.マッサ、マーク・ウェバー(レッドブル)がそれぞれ昇格した。

なお、今回の日本GPは、ブリヂストンとFIA(国際自動車連盟)が共同で展開する環境啓発活動にちなんだ「MAKE CARS GREEN TIRE」が使用され、タイヤの溝に緑のラインが入ったものを全員使用した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!