autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストンの最新構造タイヤ、ANAがボーイング機に世界初の採用

自動車ニュース 2008/10/9 19:24

ブリヂストンの最新構造タイヤ、ANAがボーイング機に世界初の採用

ANAグループでは、株式会社ブリヂストンで開発された、より高い安全性と燃費改善を実現する最新構造タイヤを、世界に先駆けてボーイング777-300ER型機に採用した。メインタイヤに装着した初号機は、10/7 成田-香港路線に就航した。

今回装着されるブリヂストンの航空機用タイヤは、最新ラジアル構造(RRR = Revolutionarily Reinforced Radial)を採用し、内部に高弾性・高強力繊維を用いてより高い安全性を確保すると共に、対摩耗性の向上による着陸回数の増加や軽量化による燃料消費量の減少を実現する。この最新構造タイヤをボーイング機で採用するのはANAが世界初。

ボーイング777-300ER型機の主脚には、片側6本、合計12本のメインタイヤがあり、全数を従来型のタイヤから交換することにより、約80キログラム機体重量が軽くなる。

2009年度10月をめどに、長距離運航を行うボーイング777-300ER型機13機全てに、この最新構造タイヤを順次装着する予定とのこと。装着完了後は年間約105キロリットル(ドラム缶約530本)の燃料消費量を削減する。この量は二酸化炭素では約260トンの排出量削減となり、杉約18,400の1年間の
二酸化炭素吸収量に相当するという。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!