autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン 「ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン」を発売

自動車ニュース 2008/8/19 14:11

フォルクスワーゲン 「ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン」を発売

null

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、ゴルフ ヴァリアントにエントリーグレード「ゴルフ ヴァリアント TSI トレンドライン」を設定し、8月22日(金)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売を開始する。


「ゴルフ ヴァリアント」は、昨年9月に発売以来、TSIエンジンとDSGトランスミッションによる高い性能と低燃費、優れた居住性などが好評で、累計販売台数が約8,200台(7月末現在)と、ゴルフ、ポロに次ぐ日本におけるフォルクスワーゲンの主力モデルに位置づけられている。


今回導入する「ゴルフ ヴァリアントTSI トレンドライン」は、この「ゴルフ ヴァリアント」のエントリーモデルとして導入される。


搭載するエンジンは、7月に発売した「ゴルフTSIトレンドライン」に搭載している1.4リッターTSI シングルチャージャーエンジンだ。排気量は1.4リッターながら、直噴FSIテクノロジーに小型ターボチャージャーを組み合わせた高効率エンジンで、これにフォルクスワーゲン独自の新世代トランスミッション「7速DSG」を組み合わせることで、ワゴンタイプのゴルフとして過去最高の15.2km/l(10・15モード燃費)の低燃費を達成するとともに、2.0リッター自然吸気エンジンに匹敵する高トルク特性を合わせて実現している。


「ゴルフ ヴァリアントTSI トレンドライン」は、エントリーグレードでありながら、ESP(横滑り防止装置)や8つのエアバッグ等豊富な安全装備と、セミオートエアコン、新世代オーディオ等、十分な快適装備を採用。また「ゴルフ ヴァリアント」の専用装備である電動パノラマ スライディングルーフ(147千円)もオプションで選択可能となる。タイヤサイズはヴァリアントの特性を考慮し、同エンジン搭載のゴルフより幅広なタイヤサイズ(205/55R16)を採用し、積載量が多い際の走りの質を高めている。


このように、最先端のTSIエンジンや7速DSG、マルチファンクション インジケーター等を新たに装備しながら、価格は259万円とお手ごろ。今回「ゴルフ ヴァリアントTSIトレンドライン」が加わることで、ゴルフ ヴァリアントシリーズの魅力は更に高まるだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!