autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新型燃料電池ハイブリッド車を開発

自動車ニュース 2008/06/06 18:20

トヨタ、新型燃料電池ハイブリッド車を開発

新型燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV-adv」を開発、洞爺湖サミットにも提供


トヨタ、新型燃料電池ハイブリッド車「トヨタFCHV-adv」を開発した。

「トヨタFCHV-adv」は、新設計の高性能燃料電池「トヨタFCスタック」を搭載した燃料電池ハイブリッド車で、6月3日に国土交通省より型式認証を取得した。

トヨタは、燃料電池ハイブリッド車の開発にあたり、経済産業省が実施する「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」での実証実験をはじめ、米国における「カリフォルニア燃料電池パートナーシップ(CaFCP)」の実車走行やティミンズ(カナダ)での寒冷地評価など、様々な使用実態から得られたデータを解析、また技術課題の発生に至るメカニズムを把握するなど基礎研究を積み重ねてきた。

新型「トヨタFCHV-adv」は、そこで得られた成果をもとに燃料電池システムを一新し、普及への課題であった低温始動性や航続走行距離をより向上させている。

具体的には、高性能燃料電池「トヨタFCスタック」の最小構成単位MEA(膜/電極複合体)内部において、低温時に“生成水が凍結し発電を阻害する”という本質的な課題に着目した。発電セル内部を可視化し、生成水の挙動やその量の把握などの基礎研究を行った結果、MEAの最適設計と燃料電池の制御システム改良により生成水をコントロールすることで、マイナス30℃の低温下でも始動・走行が可能となり、寒冷地など利用可能地域を拡大した。

また、燃料電池本体の性能向上に加え、システム補機の消費電力低減や回生ブレーキシステムの改善により約25%の燃費を向上。さらに自社開発の70MPaの高圧水素タンクを搭載することで、一回の水素充填による航続距離は、約830km(10・15