autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【MotoGP 第5戦フランスGP】転倒続出!完走6割の大波乱!ホンダ勢最上位はペドロサの4位

自動車ニュース 2016/5/9 14:56

【MotoGP 第5戦フランスGP】転倒続出!完走6割の大波乱!ホンダ勢最上位はペドロサの4位

関連: ホンダ

【ホンダレースレポート】

ダニ・ペドロサ/MotoGP第5戦 フランスGP 決勝

MotoGP 第5戦フランスGPの決勝レースがル・マン・サーキットで行われ、21台が決勝に挑み、完走13台という厳しい戦いとなった。1位はヤマハのホルヘ・ロレンソが入り、2位も同チームのバレンティーノ・ロッシ、そして3位はスズキのマーベリック・ビニャーレスという結果となった。

その中でホンダ勢最上位となったのは、予選11番手から粘り強い走りをみせた4位のダニ・ペドロサ。今季2度目の表彰台獲得と初優勝は果たせなかったが、前戦スペインGPから2戦連続の4位で、総合4位の座をキープしている。

フォトギャラリー

マルク・マルケス/MotoGP第5戦 フランスGP 決勝

チームメートで予選2番手から決勝に挑んだマルク・マルケスは、まずまずのスタートを切って序盤は4番手をキープした。その後、前を走るドゥカティのアンドレア・イアンノーネが転倒したことで3番手に浮上するも、後方から追い上げてきたヤマハのバレンティーノ・ロッシにかわされ4番手へとポジションを落としてしまう。

レース中盤は、3番手のドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾをマークしたが、16周目の7コーナーでドヴィツィオーゾとマルケスが同時に転倒。マシンを起こして再スタートを切り、13位でフィニッシュして貴重な3ポイントを獲得した。ランキングでは、今大会のウイナーであるヤマハのホルヘ・ロレンソと5点差の2位にダウン。次戦からの巻き返しが期待される。

ティト・ラバト/MotoGP第5戦 フランスGP 決勝

今大会は転倒の多いレースとなり、カル・クラッチローは、10番手を走行していた7周目に11コーナーで転倒してリタイア。ティト・ラバトは、16番手を走行していた8周目の7コーナーで、チームメートのジャック・ミラーは10番手を走行していた18周目に7コーナーで転倒し、リタイアに終わっている。

今大会、ホンダ勢は5台中3台が転倒リタイア。マルケスが転倒後、再スタートして13位という厳しい結果となった。ホンダ勢で転倒しなかったのはペドロサだけで、そのペドロサも4位。次戦イタリアGPでの巻き返しに、ホンダ勢は一丸となって挑むことになる。

リザルト

(1)#99 J.ロレンソ (ヤマハ)

(2)#46 V.ロッシ (ヤマハ)

(3)#25 M.ビニャーレス (スズキ)

(4)#26 ダニ・ペドロサ (ホンダ)

(5)#44 P.エスパルガロ (ヤマハ)

(6)#41 A.エスパルガロ (スズキ)

(7)#9 D.ペトルッチ (ドゥカティ)

(8)#8 H.バルベラ (ドゥカティ)

(9)#19 A.バウティスタ (アプリリア)

(10)#6 S.ブラドル (アプリリア)

(11)#50 E.ラバティ (ドゥカティ)

(12)#76 L.バズ (ドゥカティ)

(13)#93 マルク・マルケス (ホンダ)

(RT)#38 B.スミス (ヤマハ)

(RT)#43 ジャック・ミラー (ホンダ)

(RT)#4 A.ドヴィツィオーゾ (ドゥカティ)

(RT)#29 A.イアンノーネ (ドゥカティ)

(RT)#53 ティト・ラバト (ホンダ)

(RT)#35 カル・クラッチロー (ホンダ)

(RT)#68 Y.ヘルナンデス (ドゥカティ)

(RT)#45 S.レディング (ドゥカティ)

>>次のニュース

>>最新ニュース一覧

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円