autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、Cクラス ステーションワゴンをフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2008/4/8 18:12

メルセデス・ベンツ、Cクラス ステーションワゴンをフルモデルチェンジ

 メルセデス・ベンツは、「メルセデス・ベンツ 新型Cクラス ステーションワゴン」を7年ぶりにフルモデルチェンジした。価格は税込みで、\4,530,000から\10,500,000となる。

 新型Cクラス ステーションワゴンのモデルラインアップは、従来モデルより出力の大幅な向上を図った1.8リッター スーパーチャージャー付直列4気筒エンジン(135kW/184ps、従来モデル比+15kW/21ps)を搭載した「C200 コンプレッサー ステーションワゴン」「C200 コンプレッサー ステーションワゴン エレガンス」「C200 コンプレッサー ステーションワゴン アバンギャルド」。さらに、2.5リッターV型6気筒エンジン搭載の「C250 ステーションワゴン エレガンス」「C250 ステーションワゴン アバンギャルド」となる。また、圧倒的な走行性能を誇るトップ パフォーマンスモデルとして「C63 AMG ステーションワゴン」も設定している。

 外観は、従来モデルに比べテールゲートの角度を立たせたリアエンドやシャープな ラインと落ち着きのあるフォルムをもつサイドビューにより、ダイナミックかつ重厚感を感じさせるデザインとなっている。また「アバンギャルド」仕様はセダンと同様、フロントグリルにスリーポインテッドスターを配し、個性とダイナミズムを強調したフロントデザインを採用している。

 ボディサイズは、全長+50mm、ホイールベースを45mm拡大することで室内空間のゆとりを増しながらも、全幅を1770mm(従来モデル比+40mm)に抑え、Cクラスステーションワゴンならではの取りまわしの良さを継承している。

 ラゲッジルームは、このクラス最大レベルの積載容量1,465リットル(VDA測定方式による)を確保するとともに、2:1分割可倒式リアシートによってきわめて高い実用性を実現している。

 走行性能面は、セダンと同様の新コンセプト「AGILITY CONTROL(アジリティ コントロール)」を採用したサスペンションや剛性を高めたボディ構造、理想的な重量バランスにより、快適性と俊敏性という相反する走りの性能を高次元に両立している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!