autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、インプレッサWRX STI、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦

自動車ニュース 2008/4/4 15:02

スバル、インプレッサWRX STI、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦

 スバルと同社のモータースポーツ業務を統括するスバルテクニカインターナショナル(略称:STI)は、本年5月にドイツ ニュルブルクリンクサーキットで開催される「第36回ADAC Zurich 24時間レース(ニュルブルクリンク24時間レース)」に、インプレッサWRX STIで参戦することを発表した。

 ADAC Zurich 24時間レースは、全長25.378kmにもおよぶコースを舞台に、欧州メーカー車を中心に毎年200台を越す車両が参戦する世界最大規模の耐久レースである。このレースへの参戦は、「より愉しく、より安全に」というクルマつくりを目指す富士重工業にとって、安全面、信頼面などの重要な技術的ノウハウを蓄積できる恰好の機会であり、それらを今後の量産車の開発に活かすことなどを目的に、今回の参戦を決定した。

 参戦車両は、インプレッサWRX STIをベースに、富士重工業の技術部門が監修のもと製作。軽量化や安全装備など最小限の改造にとどめた量産車に近い状態で、SP6クラス(排気量3.0〜3.5L、過給機車は1.7倍で換算)にエントリーする。

 また、今回の参戦にあたって、スーパー耐久レースなどでレース運営に豊富なノウハウを持つSTIおよびプローバを中心に、チーム「SUBARU NBR CHALLENGE(スバル エヌビーアール チャレンジ)」を結成。チーム総監督には、STI車両実験部長の辰己英治が就き、レース経験豊かな日本人プロ ドライバー4名で参戦する。



   
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!