autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、2008年ラリー活動について

自動車ニュース 2008/4/4 15:01

スバル、2008年ラリー活動について

 スバルは、国内スバル特約店のサービスメカニックで構成される「スバルラリーチームジャパン(以下SRTJ)」の2008年の活動について発表した。

 SRTJは、国内スバル特約店メカニックの技術力および意欲の向上、リクルート活動強化を目的に、1990年から活動しているもので、毎年全国の第一線で活躍する優秀メカニックから14名を選抜しラリーチームを結成、プロラリードライバーを招聘し世界ラリー選手権(WRC)にスポット参戦しているもの。これまで、サファリ、ニュージーランド、オーストラリア、日本など世界各地のWRCに出場し、クラス優勝7回、後に日本人初の四輪FIA(国際自動車連盟)世界チャンピオンとなった新井敏弘選手の起用など数々の実績を築いている。

 2008年は、10月に北海道で開催が予定されるWRC第14戦「ラリージャパン」に出場するとともに、4月から始まる全日本ラリー選手権にも出場することを決めた。これは、継続的な活動を通じて、メカニックの訓練、ラリー競技車両の性能改善、さらに広報宣伝活動による認知向上を図るためである。
3月下旬に選抜された今年のチームメカニック14名は、4月から始まる全日本ラリー選手権10戦中6戦にメカニックとして数名ずつ、10月31日〜11月2日に予定されているラリージャパンには全員が、参加する。

 参加車両は新型スバル インプレッサWRX STI グループN仕様で、全日本ラリー選手権は1台、ラリージャパンには2台の参戦を予定している。ドライバーには、過去4年間、SRTJからラリージャパンに参戦し、昨年度、全日本ラリー選手権シリーズチャンピオンを獲得している勝田範彦選手を起用する。


【スバルラリーチームジャパン(SRTJ)2008 概要】

主催:全国スバル自動車販売協会、富士重工業株式会社
マネージメント:スバルテクニカインターナショナル株式会社
監督、チーム運営:アライモータースポーツ株式会社

<参戦計画>
■ 世界ラリー選手権第14戦(10月31日〜11月2日)「Rally JAPAN(北海道)」
 参加車両:スバル 新型インプレッサWRX STI グループN仕様 2台
  1号車:ドライバー/コ・ドライバー:勝田範彦/晝田(ヒルタ)満彦
  2号車:未定

■ 全日本ラリー選手権
 参加車両:スバル 新型インプレッサWRX STI グループN仕様
 ドライバー/コ・ドライバー:勝田範彦/晝田満彦
第 1戦( 4月11日〜13日) 「ツール・ド・九州 2008 in 唐津(佐賀県)」
第 2戦( 4月26日〜28日) 「久万高原ラリー(愛媛県)」
第 3戦( 5月16日〜18日) 「KYOTO南丹ラリー2008(京都府)」
第 5戦( 6月13日〜15日) 「MSCC東京ラリー(福島県)」
第 6戦( 7月11日〜13日) 「ラリー北海道(北海道)」
第10戦(11月 7日〜 9日) 「新城ラリー2008(愛知県)」


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!