autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、RX-8をマイナーチェンジ

自動車ニュース 2008/3/10 13:39

マツダ、RX-8をマイナーチェンジ

 マツダは、RX-8をマイナーチェンジした。車両本体価格は2,600,000-3,150,000円(税込)となる。

 今回の変更では、同車の特長である優れた走行性能やスポーティなスタイリングを進化・熟成させると同時に、質感や機能性を向上させている。また、RX-8の「走る楽しさ」を高次元で提供する機種として、走行性能をさらに高め躍動的なスタイリングをもつ「Type RS」を新設している。

 外観については、開口部を大型化したフロントバンパー、サイドマーカーを統合したヘッドランプユニット、エアアウトレット一体型のサイドウインカー、LED内蔵のリアコンビランプ等の採用により、スタイリングを一新すると同時に質感を向上させている。アルミホイールは、従来の16インチを17インチに変更(「Type E」および「RX-8」)すると同時に、ローターを模した3種類の新デザインとしている。また、ボディカラーには質感の高い「ダイアモンドグレーメタリック」新たに追加するなど、全8色の体系としている。

 内装では、「Type S」と「RX-8」には織りの細かいファブリック素材(ブラック)を、「Type E」にはパンチングを施した本革素材(ブラック、レッド、ベージュの3色)を採用したシート、シルバー塗装や白色の照明を追加したタコメーターを新たに採用するなど、質感を向上させている。また、メモリー機能付パワーシート、電動スイッチタイプの運転席前倒機構、センターパネル一体型のナビゲーションシステム等の採用により、機能性も改善している。

 動力性能に関しては、新型のウォーターポンプやオイルポンプの採用などによるロータリーエンジンの基本性能の改善、6速マニュアル変速機のギア比の見直しにより、常用域での加速感を向上させている。また、ボディの局部剛性の向上や空力特性の改善などボディ構造も見直すことにより、スポーツカーとしての走行性能をさらに進化させている。

 また、『RX-8』のスポーツ性能をさらに強化した新機種「Type RS」では、専用エアロパーツ、19インチアルミ鍛造ホイール、RECARO社製バケットシート、ビルシュタイン社製ダンパー等を装備し、スポーツ走行に対応する仕様とすると同時に、標準モデルと一線を画す精悍なスタイリングとしている。


 車両本体価格は消費税込みで2,600,000-3,150,000円、月間販売台数は270台を計画している。なお、5MT車は6月発売予定となっている。


  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!