autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、2008年度グローバルモータースポーツの活動概要発表

自動車ニュース 2008/1/31 15:15

日産、2008年度グローバルモータースポーツの活動概要発表

 日産及びニスモは、2008年度のグローバルモータースポーツの活動概要について発表した。

 日産はお客さまに走る悦びを提供する為の活動の一環としてモータースポーツに取り組んでおり、本年も引き続き、ワークス活動としては国内最高峰のチャンピオンシップであるSUPER GTシリーズGT500クラスをメインに取り組み、チャンピオン奪還をめざす。また、グラスルーツ活動支援のため、国内外のプライベートチームの活動をサポートしていく。

【SUPER GT】
R35型NISSAN GT-Rにて、SUPER GTに出場する。GT-Rでのレース活動は、5年ぶりとなる。
昨年に引き続き、日産系チームの総監督を柿元邦彦が務め、ニスモのチーム監督を飯嶋嘉隆が担当する。

 また、ニスモはSUPER GTにNISSAN GT-Rで参戦するチームへの技術支援及び車両開発を行なう。 日産系チームとしては、ニスモ、HASEMI MOTOR SPORT、TEAM IMPUL、及びKONDO RACINGが、5台のNISSAN GT-Rで同シリーズGT500クラスに開幕戦より出場する。

 2008年型NISSAN GT-Rは以下のポイントに重点を置き開発した。
・部品の軽量化により重心高の低下と重量配分の最適化を図り、旋回性能を向上。
・NISSAN GT-Rの空力特性を活かし、ドラッグの低減とダウンフォースの増加を実現。
・VK45エンジンの出力向上と燃費の改善

【プライベーター支援】
お客さまにモータースポーツの楽しさを知っていただくため、様々なモータースポーツ活動をサポートしていく。

●マーチカップレース/日産レーシングスクール
入門クラスでありながら、本格的なレースが楽しめるマーチカップレースを開催する。データロガー(記録装置)を標準装備して、参加者の運転技術の向上を図り易くすると共に、多くのお客様にレーシングカーの楽しさを体感していただくことを狙いとする。また、各サーキットでレース前にマーチカップカーを使用したレーシングスクールを開催し、サーキットマナーや車両メンテナンスについても指導をしていく。

●日本国内のプライベーター支援

「SUPER GT GT300クラス」
「スーパー耐久シリーズ」
「ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)/フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」

●主な海外の活動

「中国」
2006年から日産ティーダで中国サーキット選手権(China Circuit Championship 通称CCC)のツーリングカー(1600cc)クラスに出場する東風汽車有限公司に引き続き技術支援を行なう。
「南アフリカ」
南アフリカ日産は、7年連続でドライバー選手権を獲得している南アフリカオフロード選手権に日産ナバラで出場する。




オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!