autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、ノートをマイナーチェンジ

自動車ニュース 2008/1/9 15:42

日産、ノートをマイナーチェンジ

 日産は、ノートをマイナーチェンジした。

 2005年1月の発売以来、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」がもたらす加速の良さと静かで快適な走り、ゆとりある居住空間、2段マルチトランクによる使い勝手の良いラゲッジなどが、お客様から高い評価を受けている。
 今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインを大幅に変更するとともに、インテリアの質感や使い勝手の向上を図った。また、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」の改良により新燃費・排気試験「JC08モード」に対応し、さらに、車種体系の見直しなどを行った。

 エクステリアは、ヘッドランプ、エンジンフード、フロントグリル、フロントバンパーを一新し、軽快でキリッとした走りの良さを予感させるデザインとした。フロントグリルは、G / Xシリーズではカラード/ガンメタリックの2種類を、スポーティシリーズは、アクティブなイメージのスモークメッキを採用した。ボディカラーには、新色のブルーターコイズ(TPM・特別塗装色)、フロストグリーン(TM)、アメジストグレー(PM)の3色を追加した。

 インテリアは、サンドベージュ、ブラック、カーボンブラックの3種類の内装に新シート&ドアトリムクロスを採用し、洗練されたシンプルなコーディネーションとした。また、メーター開口を拡大し、視認性が大幅に向上した2連リングメーター(液晶オド・ツイントリップメーター〔燃費表示機能付〕)、リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)、汚れや濡れに強い撥水加工シートなど利便性の高い装備を設定している。

 メカニズムでは、「HR15DEエンジン+エクストロニックCVT」の改良により、新燃費・排気試験「JC08モード」に2WD全車が対応した。車種体系については、お求め安い価格の15RSを新規設定し、スポーティーグレードを強化している。

 また、特別仕様車「Plus navi HDD(プラス ナビ エイチディーディー)」を設定し、1月16日より発売する。15G/15G FOUR、15X/15X FOURに設定。高速大容量の30GBハードディスクを搭載した専用HDDナビゲーションシステムに加え、トップシェード付UVカットグリーンガラス<フロント>、リヤ2スピーカー(15G/15G FOURはベース車に標準)などを装備しながら、価格を抑えたお買い得感のあるモデルとしている。