autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、中国にプラグインハイブリッド車導入へ ~環境車の普及を目指す ~

自動車ニュース 2016/4/25 10:09

トヨタ、中国にプラグインハイブリッド車導入へ ~環境車の普及を目指す ~

1.2L直噴ターボエンジン搭載車/衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を導入

※写真はPHVモデルではありません(参考)トヨタ カローラフィールダー ハイブリッド G "AEROTOURER(エアロツアラー)"

トヨタは、「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)を2018年より中国に導入することを発表した。また、2016年内に1.2L直噴ターボエンジン搭載車、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」搭載車も発売を予定するなど、中国で、最新の環境・安全技術を採用したクルマを順次展開していく。

>>フォトギャラリー

トヨタは、中国で環境車の普及を目指し、2005年から、日本以外で初となるプリウス生産を開始した。さらに、ハイブリッドの国産化を中心とした環境技術の現地化推進のため、2010年「トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限会社」を設立。2011年には、主要ハイブリッドユニットの現地生産会社として、「新中源トヨタエナジーシステム有限公司」(ハイブリッド用電池製造会社)、「トヨタ自動車(常熟)部品有限会社」(ハイブリッド用トランスアクスルの製造会社)を設立し、ハイブリッドユニットの生産準備に取り組んできた。

その結果、2015年秋に、初の中国産ハイブリッドユニットを搭載した「カローラハイブリッド」「レビンハイブリッド」の販売を開始し、受注台数は、累計で約4万台となっている。今後は、ハイブリッド車の普及を推進していく一方で、そこで培った国産ハイブリッド技術を活かし、国産PHVの開発にも取組み、2018年に「カローラ」「レビン」へのPHV導入を目指す。

プリウスPHVは日米欧を中心に累計約7万5千台を販売

トヨタ プリウスPHV(プリウス プライム)
(参考)写真は日本で販売されているプリウスPHV(参考)写真は日本で販売されているプリウスPHVの充電風景

トヨタでは、2012年1月から「プリウスPHV」を販売しており、日米欧を中心に、2016年3月末現在までに、累計約7万5千台を販売している。新型「プリウスPHV」も、2016年秋から、日米欧で販売を予定している。中国では、量販車種である「カローラ」と「レビン」にPHVを設定し、「次世代環境車の柱」であるPHVの販売開始により、環境車のさらなる普及を目指していく。

また、世界トップレベルの高熱効率を実現した1.2L直噴ターボエンジンを、2016年内に発売予定の車両に搭載。新型ターボエンジンは、環境に優しいだけではなく、「運転する心地良さ」を実現。現在は欧州や日本に展開している。

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」については、既に日米欧に展開しており、今後、他国/他地域に向けて、市場環境に合わせた仕様で展開予定。中国については、2016年内発売の車両に採用していく。

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

トヨタ カローラアクシオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラフィールダー の関連記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25