autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GM、2008年モデル「ハマーH3」を発表

自動車ニュース 2007/10/24 22:38

GM、2008年モデル「ハマーH3」を発表

 GMは、2008年モデルのハマーH3を発表した。2008年1月5日より発売を開始する。

 ハマーH3は、ミッドサイズのSUVセグメントにおけるリーダーシップを獲得すべく、GMが開発したモデルである。今回発売されるハマーH3の最新モデルは、ハマーのスタイリングにオフロードの走破性を加え、それをアメリカンミッドサイズSUVのパッケージにまとめることで、より広い購買層にハマーブランドを訴求するモデルである。さらに日本の道路事情を考慮した右ハンドル車も導入を開始する。

■2008年モデル「ハマーH3」のおもな特徴

●スタイリング
フラットで輪郭のはっきりした面で構成されるH3のスタイリングは、まさにハマーそのもの。それは直立したフロントガラスやサイドウィンドウにも現れている。独自の7本縦型スロットグリル、四角の枠にはめ込まれた円形ヘッドランプ、そして大きく張り出したフェンダーフレアなどからは、まるでこのクルマが四角い金属ブロックから削り出されたような雰囲気を醸し出している
ハマーH2の弟分ともいえるH3は、H2の約90%のサイズ。全長は、アメリカではミッドサイズセダンと同程度のサイズとなっている。サイズダウンにより市街地の走行性を高めながらも、ハマー伝統の走破性を発揮。真のSUVとしてのオフロードユースにおける卓越したクローリングおよびクライミング走行を可能にした。また、最小回転半径はわずか5.6m(メーカー値)これにより、市街地走行や駐車が容易になり、さらにタイトなオフロード状況での取り回しの良さにも貢献している。

●パフォーマンス
日常の市街地走行とオフロード走行における安定性を実現するのが、H3の電子制御4輪駆動システム。さらに、滑りやすい路面またはホイールが3輪とも接地しない状況でも、1輪だけにトラクションを与えることのできるトラクションコントロールなど、あらゆるドライバーアシスト機能が駆動システムを支えている。アンダーボディには広範囲に渡るシールディングを行い、高度な保護機能を実現した。
407mmの浅瀬であれば32km/hで走行が可能。水の深さが610mm程度であれば8km/hで通過できる性能も与えられた。また、同時に砂地や岩場などを走破する性能も高く、407mmの直立ステップを登ることができる。
最低地上高は216mmと高く、最大ランプ・ブレークオーバー・アングル(アンダーボディに接触させずに突起の頂点を越えることのできる能力)も23.5度となっている。こうしたクリアランス値が、H3がオフロード走行の障害物を広範囲に渡りクリアすることを可能にしている。最大アプローチアングルは37.5度、最大デパーチャーアングルは34.6度となっており、フロントやリアを乗り上げることなく、深く、傾斜度の急な障害物を乗り越えて走行することが可能である。

  
東京モーターショー 2007 開幕!【GM】

 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!