autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、エルグランドを一部改良

自動車ニュース 2007/10/23 13:30

日産、エルグランドを一部改良

 日産は、「エルグランド」を一部改良、世界初の「アラウンドビューモニター」を搭載し、10月31日より発売する。

 今回の一部改良では、「ハイウェイスター」のフロントグリルのセンターにボディ色を配し、2段構造とすることで、さらなる力強さと洗練さを表現するとともに、インテリアでは、メーター文字盤のデザインと照明色の変更、木目調加飾のグロス(光沢)化(ナビゲーションシステム装着車)、メッキ加飾面積の拡大など、より一層の高級感と品質感の向上を図った。

 また、運転席ディスプレイに自車両を上方から俯瞰したような映像を表示することにより、前後左右の方向感覚が把握しやすくなり、よりスムーズに駐車することが可能になる、「アラウンドビューモニター」を世界で初めて搭載した。

 さらに、高速大容量30GBハードディスクを搭載したカーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)を採用、タッチパネル操作を可能とし、使い勝手を大幅に向上させるとともに、ミュージックボックスやDVDオーディオ&ビデオ再生機能などに対応した充実のエンターテインメント機能やブルートゥースオーディオ機能なども搭載している。

 なお、今回、車種体系の見直しを行い、お買い得な黒本革仕様車「250ハイウェイスター ブラックレザーエディション」をラインアップに新たに追加した。

 また、特別仕様車として、「350ハイウェイスター レッドレザープレミアムセレクション」を新規設定した。本モデルは、深紅の本革/サプラーレシート、カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)&ツインモニターシステム、地上デジタルテレビ放送用チューナーなどのプレミアム装備を採用しつつもお求め安い価格設定としている。


  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!