autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、天然ガス自動車『ミニキャブ バイフューエル』を新発売

自動車ニュース 2007/10/10 11:01

三菱、天然ガス自動車『ミニキャブ バイフューエル』を新発売

 三菱は、軽商用車『ミニキャブバン』をベースに、燃料として従来のガソリンに加えてCNG(圧縮天然ガス)を使えるようにした特装車『ミニキャブ バイフューエル』(2WD、2,053,800円:税込)を三菱自動車ロジテクノと共同開発し発売する。

 三菱では従来から、ガソリン車に比べて排出ガスがクリーンで、CO2排出量も少ないCNG仕様車を『ミニキャブ』等に設定して販売してきた。

 今回発売する特装車『ミニキャブ バイフューエル』は、軽商用車の『ミニキャブバン』をベースに、エンジン等をCNGにも対応できるよう改造し、後席シート下にCNG用ガスボンベ(容量28L×2本)を搭載したもの。

 CNG走行時の排出ガス性能は、ガソリン車の平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)相当という高い環境性能を実現。また、840km(CNG 208km+ガソリン632km:10・15モード換算値)もの航続距離を確保して、CNG車が抱えてきた燃料供給面の課題をカバーし、実用性を大幅に向上。これにより、これまで導入を見合わせていた潜在ユーザーの需要を喚起し、環境に配慮したCNG車の普及に貢献していく。


  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!