autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、新型車「カローラ ルミオン」を発売

自動車ニュース 2007/10/9 17:02

トヨタ、新型車「カローラ ルミオン」を発売

 トヨタは、コンパクト2BOXの新型車カローラ ルミオンを発売した。

 カローラ ルミオンは、「Relax in Style」をテーマに、カローラの資質である確かな基本性能を継承しつつ、新しい魅力を備え、自分らしさ・若々しさを大切にする価値観を持つ幅広い年齢層の方々の感性に響くクルマを追求した。
 親しみ・落ち着きを感じさせながら、独自の存在感を醸し出すシンプルな箱型のスタイリング、心地よい包まれ感とゆとりが感じられる広い室内、滑らかで快適な走りにより、乗る人誰もがくつろぎを感じながら、自分なりに使いこなすことができる、様々なライフスタイルに似合う新コンパクトカーである。

 具体的には、水平・垂直基調の箱型シルエットと、ユニークでシンプルな内外装デザインにより、個性を際立たせるとともに、様々な用途に使えるゆとりのある室内は、高いベルトラインにより、心地よい包まれ感を演出している。さらに、1.5L・1.8Lエンジン、高剛性ボディにより実現した優れた走行性能とクラストップレベルの環境・安全性能を備えている。

【主な特長】

1.シンプルで個性的な箱型のスタイリング
 ・トヨタ車のデザインフィロソフィ「VIBRANT CLARITY(活き活き・明快)」に基づき、コンパクトな全長の箱型シルエットと四隅に張り出したフェンダーのフレア造形により、広い室内空間を確保しながら、様々なシーンに似合うシンプルでユニークなスタイリングを創出。

2.心地よい包まれ感とゆとりの感じられるくつろぎの空間
 ・様々な用途に使えるクラストップレベルのゆとりのある室内は、高いベルトラインにより、心地よい包まれ感を演出するとともに、くつろげる雰囲気を醸成する天井イルミネーションランプや9スピーカーのオーディオシステム、使用シーンに応じた様々なシートアレンジなどにより、使いやすく快適な室内を実現。
 ・機能性と質感を追求しつつ、ユニークなデザインにより、遊び心も演出。

3.優れた走行性能
 ・優れた加速性能と高い環境性能を両立する1.5L・1.8Lエンジンに、滑らかな走りを実現するSuper CVT-iを組み合わせ、より快適な走りを実現。
 ・高剛性ボディ、新設計サスペンションとワイドトレッドにより、優れた操縦性・走行安定性と快適な乗り心地を実現。

4.クラストップレベルの環境・安全性能
 ・CO2の削減を念頭に燃費向上を図り、1.5L(2WD)で16.2km/L(CO2排出量:143g/km)を実現し、「平成22年度燃費基準+20%」を達成。さらに、全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得(グリーン税制による減税措置対象車)。
 ・独自の環境評価システム「Eco-VAS」を活用し、CO2排出量をはじめ、環境負荷を低減。
 ・コンパティビリティの概念を取り入れて、より厳しい条件に対応し、さらに進化したGOAを採用。
 ・さらに、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグを全車標準装備するとともに、歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造を採用し、クラストップレベルの安全性能を追求。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!