autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GM、2008年モデル「キャデラックSTS/STS-V」を発表

自動車ニュース 2007/9/20 17:10

GM、2008年モデル「キャデラックSTS/STS-V」を発表

 GMは、新たに右ハンドル仕様を追加した2008年モデルのキャデラックSTS、STS-V(左ハンドルのみ)を発表した。11月より、全国のキャデラック正規販売店を通じて、一斉に発売を開始する。

 キャデラックSTSは、ラグジュアリーな内外装と比類なきハイパフォーマンスを両立させた新世代のキャデラックとして、デビュー以来高い支持を集めているモデルである。FR(後輪駆動)を基本とした高い走行性能は、軽量&高剛性プラットフォームや卓越した性能を誇るパワーユニット、先進のテクノロジーを搭載したシャーシなどと相まって、新しい高級車のポジショニングを確立している。

 2008年モデルでは、内外装の一部変更とともに、パワートレーンにも変更を加え、よりパフォーマンスと安全性を高めている。

■2008年モデル「キャデラックSTS/STS-V」のおもな特徴

●エクステリア
エクステリアにおける最大の特徴は、フロントマスクを新型CTSと同様新しいキャデラックのデザインにしたという点にある。大きな開口部をもつフロントグリルは、フロントバンパーを挟んだ下部のエアインテークと同じデザインをもち、精悍で高級感溢れるフロントマスクを構築している。外観の変更にともなって、ボディの全長が5,020mmに変更となっている。
また、ホイールデザインを一新、足元を引き締めることによりスポーティな走行性能を強調している。
尚、STS-Vの外観における変更点は、フロントフェンダーに設けられたエアエクストラクターのみとなる。

●インテリア
インテリアでは、ステアリングホイールのデザイン変更と、ウッドパネルの素材をサペリウッドに変更、さらにウッドパネルのセンタースタックにメタリック・モールディングを追加し、よりラグジュアリーな雰囲気のインテリアを実現している。
また、2008年モデルのSTSには、ユーザーからの希望が強かった右ハンドル車を追加設定している。
尚、STS−Vに関しては左ハンドル仕様のみの設定となり、インテリアにおける変更点はなし。

●パワートレーン
STS 3.6には、新型のV6直噴エンジンを搭載。従来までの最高出力189kW(257ps)から、229kW(311ps)にパフォーマンスアップ。低中速域での扱いやすさと、スポーティな加速感を実現している。同時にSTS 3.6では、従来までの5速ATから6速ATに変更。エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出す、よりきめ細かい制御が可能となるトランスミッションを搭載した。
尚、STS 4.6および、STS−Vにおけるエンジン、トランスミッションの変更点はなし。また、従来までラインアップしていたSTS 4.6 AWDは、2008年モデルから導入を中止とした。


■全国希望小売価格(税込)
STS 3.6(2WD/6AT/右・左ハンドル) 6,850,000円
STS 4.6(2WD/6AT/右・左ハンドル) 8,200,000円
STS-V(2WD/6AT/左ハンドル)   10,750,000円(受注発注モデル)


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!