autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自動車、ランサー エボリューションXを新発売

自動車ニュース 2007/10/1 15:59

三菱自動車、ランサー エボリューションXを新発売

 三菱は、高性能4WDセダン『ランサー エボリューション』のプラットフォーム、エンジン、デザインなど全てを一新した『ランサー エボリューションX(テン)』を発売する。(「Twin Clutch SST」搭載車は11月下旬発売予定)

 車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」や、新開発の高効率トランスミッション「Twin Clutch SST(Sport Shift Transmission)」などの新技術を搭載し、"誰もが気持ちよく 安心して「高い次元の走り」を楽しめる新世代ハイパフォーマンス4WDセダン" を商品コンセプトとして、以下の商品特長を備えた。

・エアロダイナミクスを追求した「高次元の走り」をイメージさせるエクステリア、ドライビングへの集中力を高める機能的なインテリアなど、機能に則った端正で精悍なデザインとした。

・高性能・軽量アルミブロックの新開発2.0L DOHC MIVECターボエンジンと、全てを一新した高剛性ボディ、高剛性サスペンションにより、高い動力性能と走行性能を実現。また、高性能ターボエンジン搭載車でありながら、平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)を達成するとともに、運転席/助手席SRSデュアルステージエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグ、アダプティブフロントライティングシステム(AFS)をメイングレード「GSR」に標準装備するなど、新世代の高性能車に相応しい環境性能・安全性能を確保した。

・新開発の「Twin Clutch SST」は、6速自動マニュアルトランスミッションに2つの自動クラッチを組み合わせることで、"素早い変速による気持ちの良い加速フィーリング" と "高効率な動力伝達機構による優れた燃費性能" を実現した。また、従来のマニュアルミッションでの "走り" を楽しみたいお客様向けに、新規に開発した5速マニュアルトランスミッションを設定。新開発ターボエンジンが生み出す高いトルクに対応して、耐久性を向上させるとともに、従来以上のスムーズなシフトチェンジや、カッチリとしたシフト感覚を実現した。

・4輪の駆動力・制動力をそれぞれ独立にコントロールし、"意のままの操縦性と卓越した安定性" を実現する車両運動統合制御システム「S-AWC」を「GSR」に搭載。様々な走行状況下でドライバーの操作に忠実な車両挙動を可能とし、誰もが安心してスポーティドライビングを楽しむことを実現した。



新型ランサーエボリューションX誕生!
三菱が誇るハイパフォーマンス4WDセダン「ランサーエボリューション」がフルモデルチェンジ。新型ランエボは、新開発トランスミッションを積んで進化した。


    
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!