autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ジープ チェロキー、米ガソリン車初のエコカー減税対象車に

自動車ニュース 2016/4/18 19:35

ジープ チェロキー、米ガソリン車初のエコカー減税対象車に

ジープ チェロキー
ジープ チェロキージープ チェロキー

FCA US LLC.およびFCAジャパンは、「ジープ チェロキー」の4x4グレード「トレイルホーク」が、米国ブランドの米国製ガソリンエンジン乗用車として初めて日本のエコカー減税の対象車となることを発表した。

今回日本のエコカー減税対象となるのは、クラス最高の走破性能を誇る3.2リッター ペンタスターV型6気筒エンジンを搭載するジープ チェロキー トレイルホーク。エコカー減税の燃費・排ガス基準に適合し、自動車取得税は20%軽減、自動車重量税は25%軽減となる。

ジープ チェロキー トレイルホークの燃費は10.3km/Lと平成27年度燃費基準達成レベルに達している。さらに、エコカー減税のもう1つの要件である低排出ガス車☆☆☆☆認定も取得している。

チェロキー トレイルホークが搭載する3.2 リッターペンタスターは、小型酸化・三元触媒コンバーター2個と加熱式O2センサー4個を備え、排ガスを低減。

3.2リッター ペンタスターは、米ワーズオートワールド誌が主催する「10ベストエンジンズ」に3年連続で選ばれた3.6リッター ペンタスターと設計の主な部分を共有しており、最高出力200kW(272ps)、最大トルク315Nm(32.1kg.m)、さらにアイドリングストップ機能のSTART&STOPシステムも搭載している。

ジープ チェロキー トレイルホークに標準装備のSTART&STOPシステムは、停車するたびにエンジンを止めることで燃費効率を向上させるが、エンジン停止時もラジオ、計器類、ヒーター、エアコンディショナーなどはそのまま使用できる。なお、ブレーキペダルから足を離すと、自動的にエンジンを再スタートする。

また、燃費効率をいちだんと高めるのが、セグメントで唯一の9速オートマチックトランスミッションとなるトルクフライトと、走行状況に合わせてパフォーマンスを自動的に円滑に調整する業界初の動力伝達システムである。

トルクフライトトランスミッションは、ペンタスターV型6気筒エンジンが常に最適の回転域で運転できるよう、全体の変速比幅を広く設定している。また、4つギアを高速走行に適したオーバードライブレシオとすることで、ノイズ、振動、ハーシュネス(NVH)の総合値も低減している。

今回エコカー減税対象となる2016年式ジープ チェロキー トレイルホークは、5月より日本国内の販売店へ配車される予定で、価格(消費税込)は5,103,000円となる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ チェロキー の関連記事

ジープ チェロキーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジープ チェロキー の関連記事をもっと見る

ジープ チェロキー の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12