autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース BMW、公道も走れるレース仕様の「M4 GTS」を発売

自動車ニュース 2016/4/15 12:05

BMW、公道も走れるレース仕様の「M4 GTS」を発売

BMW M4 GTS

ビー・エム・ダブリューは、「東京モーターショー2015」でワールドプレミアを果たしたハイパフォーマンスモデル「M4 クーペ」の特別限定車「M4 GTS」を、日本にて限定30台で発売すると発表した。納車は、2016年7月からを予定している。

「M4 GTS」は、圧倒的なパフォーマンスとツーリングカーレースでの輝かしい戦績によって、長年にわたり高性能スポーツカーセグメントのベンチマークの地位を確立してきたM3の生誕30周年を記念して導入する全世界700台限定モデルで、そのうち30台を日本で販売する。

M4 GTSは、既に高いパフォーマンスを誇るM4クーペのポテンシャルをさらに高め、BMW M社による革新的なモータースポーツテクノロジーを集約したレース仕様のモデルだが、公道も走行できることが大きな特徴である。

>>「M4 GTS」フォトギャラリー

BMWの量産モデルで最速の加速性能!

BMW M4 GTS

M4 GTSは、世界で最も権威のある「インターナショナル・エンジン・オブザ・イヤー2015」の2.5~3.0リッター部門において大賞を受賞した「3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジン」をベースに、革新的なウォーター・インジェクション・システムを組み合わせ、最高出力51kW(69ps)アップの368kW(500ps)、最大トルク50Nm(5.1kgm)アップの600Nm(61.2kgm)を実現。

0-100km/L加速は僅か3.8秒(ヨーロッパ仕様車値)とBMWの量産モデルで最速の加速性能を誇り、世界一過酷なサーキットであるニュルブルクリンク北コースを7分28秒で駆けぬける、圧倒的なパフォーマンスを誇る。

量産車として世界で初めてリアライトにオーガニックLED(OLED)テクノロジーを採用

BMW M4 GTS
BMW M4 GTSBMW M4 GTS

エクステリアにおいては、CFRP製の角度調整式リアウイングやリアディフューザー、フロントスプリッターといった専用装備の数々が、サーキットにおける高いパフォーマンスを強烈に印象づけるとともに、効果的なエアロダイナミクスを実現している。

また、エクステリアとインテリアの随所に採用されたCFRP製パーツや、室内の軽量化構造、2シーター仕様の採用により徹底的な軽量化を図り、3.2kg/psのパワーウエイトレシオを実現している。

加えて、インテリアには、専用ロールバーや6点式シートベルトを含むクラブスポーツパッケージを標準装備し、「公道を走らせてサーキットに向かい、圧倒的なパフォーマンスを発揮する」という、この高性能なスペシャルモデルのコンセプトを更に強化している。

さらに、M4 GTSは量産車として世界で初めてリアライトに革新的なオーガニックLED(OLED)テクノロジーを採用し、先鋭的かつ高性能なスペシャルモデルに相応しい存在感あふれるリアビューを形成している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M4クーペ の関連記事

BMW M4クーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M4クーペ の関連記事をもっと見る

BMW M4クーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12