autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、TT ロードスター発売

自動車ニュース 2007/6/13 15:53

アウディ、TT ロードスター発売

 アウディは、独自の軽量化技術により走行性能を高めたオープンスポーツモデル、新型アウディTT ロードスターの販売を開始する。

 新型アウディTT ロードスターは、際立つスポーツ性、余裕のあるパワー、そして心をかき立てる運転の喜びを特徴とする、オープントップ2 シーターのスポーツカー。初代アウディTT ロードスターの長所をすべて引き継ぎ、さらなるエモーション、パフォーマンス、ダイナミズムを盛り込んでいる。初代モデルと比較し、新型アウディTT ロードスターは全長、全幅、そしてホイールベースが拡大され、ダイナミックでスポーティな性格がさらに強調されるプロポーションとなっている。ソフトトップを閉めた場合、空気抵抗係数はわずか0.32。この数値は、このデザインが持つ機能性を証明している。

 新型アウディTT ロードスターのフロントエンドには、アウディの新世代モデルであることを示すシングルフレームグリルを採用。大きく開いたエアインレットはハイパフォーマンスを表し、3次元的な奥行きが強調されたシャープなデザインのヘッドライトはこのモデルの成熟度を示している。リヤエンドでは、エキゾースト システムの大径テールパイプと幅広いディフューザー、そしてTT クーペと同様に、時速120km を超えると自動的に立ち上がり、ダウンフォースを増加させる電動式スポイラーを採用。幅広いホイールアーチとともにパワーとダイナミズムを伝えている。右リヤに設置されたフューエルタンクキャップは、TT 伝統に基づきアルミ製となる。

 クラシックなアウディの伝統に基づき、新型アウディTT ロードスターには、あえてファブリック製ソフトトップが与えられた。フルオートマチック電動油圧作動のソフトトップは、ボタンを軽く押すだけで、約12秒でオープンし、約14秒でクローズする。これは市街地走行時約50km/h までの開閉操作が可能となっている。このフルオートマチック ソフトトップは、ブラックのヘッドライニングの下にアコースティック マットを備え、良好な防音・断熱性がさらに高められている。競合モデルにはない電動式ウインドディフレクター(メッシュ製)が標準装備され、ドライバーと助手席に当たる風を軽減する。


■メーカー希望小売価格
アウディ TT Roadster 4,790,000円